モデル・イラストレーター五島夕夏の      ワールドアベニュー留学相談体験レポート
メイン画像
オーストラリア留学 News

高校生のみなさんこんにちは。
最近高校生向けの進学へ参加させていただいたり、留学のお問い合わせを通して学生さんとお話をさせていただいたりして、日々、どんどん高校生の海外進出の意識も高まっていていると感じております。

2020年のオリンピック開催が決定したことで、政府が2020年までに留学生の数を倍増させようと動いています。

言語の吸収が早い高校時代から海外に飛び出していくのは本当に素晴らしいことです。
本日はオーストラリアの高校留学の魅力、日本との違いを簡単に皆様にお伝え出来たらと思います。

① オーストラリアの高校と日本とどう違う?

オーストラリアの高校は7割が公立で3割が私立校です。
公立の高校はほとんど無宗教だが、私立の語学学校はキリスト教など宗教系の学校が多です。

日本と違って4学期制をとっており、夏休みのように大きな休みはないですが、年に4回数週間の休みが与えらます。

クラスは日本と同じで20人~30人程度。
3時半には授業が終わり、放課後は日本のようにクラブ活動がなく皆それぞれ習い事や家族、友人との時間を大切にしています。
日本のように塾や予備校に通う事もないのも日本と違う所ですね!

日本は高校3年生の時に受験勉強に励みまずが、オーストラリアは州統一試験という州ごとに定められている試験を受けて、その結果で入る大学が決まってきます。
(日本でいうセンター試験のような物です。)

② どんな授業が受けられる?

オーストラリアでは日本と同様に国語(英語)、数学、社会、体育はもちろんの事、生徒の個性やスキルを伸ばす目的で音楽、芸術、演劇、外国語なども取り入れられています。

また4人に1人が外国生まれの多文化主義のオーストラリアでは、外国語の授業が盛んです。
特に日本語に関しては世界で3番目に学んでいる学生が多い国の為、日本語に興味を持っている学生さんとも友達になりやすいです。
また、将来のキャリアを見据えた実践的な授業も多く、希望に応じて実際に働く体験をするワークエクスペリエンスも可能です。

オーストラリアでは実際に学生が大学で何を勉強したいのか、何の才能があるのか、発見して、スキルを伸ばしていける教育が提供されています。

③ どうやったら留学できる?

もし、オーストラリアの高校留学に興味を持った方は是非ワールドアベニューまでご相談下さい!

また高校生の留学は3パターンあります。

① 短期留学 スタデイツアー

長期的な留学の下見として現地の高校に2~4週間ほど体験留学をする留学です。
短期の留学でもホームステイ、現地の学生さんとの交流、英語の授業が受けられたり刺激がたくさんです!
私も初めて参加して留学がこの現地の高校へ行く短期留学でしたが、多くの友人とホームステイの思いでが出来ました!

② 1年間の体験留学

日本の高校を休学、もしくは海外での単位を日本で変換する制度を使って現地の高校へ留学をします。
短期留学と違い、本格的に現地の学生と同じレベルの授業を受けて、年間の行事にも参加出来ます。

③ 卒業留学

日本の中学を卒業してすぐ現地の高校で卒業を目指す留学です。
海外の高校を卒業する事で、海外の大学進学への道が開ける他、日本の大学へも帰国子女枠を使う事が出来る為卒業後の選択肢の幅が広がります。

上記の3つのどれかに興味がある方、いつでもワールドアベニューまでご相談下さい!
ワールドアベニューはオーストラリア州政府より認定されている数少ない日本のエージェントです。

その為現地の学費が抑えられる公立校の手配も可能となっております。
さまざまな選択肢を提供出来るワールドアベニューにお任せ下さいね!

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

Comments

comments

「海外留学」

のことなら何でもご相談下さい

ワールドアベニューでは、世界各国の海外留学プログラムをご紹介するだけでなく、海外教育機関と協力し、ワールドアベニュー限定プログラムを提供しています。興味をお持ちいただけた方は、まずはお気軽にご相談ください。