モデル・イラストレーター五島夕夏の      ワールドアベニュー留学相談体験レポート

シドニーから日帰り旅!ブルーマウンテンズのビンテージ・タウン「ルーラ」を散策♪

水田 真梨
この記事は私が書きました。

水田 真梨

一覧はこちら
水田 真梨
私が書きました。

水田 真梨

水田 真梨
この記事は私が書きました。

水田 真梨

一覧はこちら
オーストラリア留学 News

都会の喧騒から離れて小旅行気分を味わうなら、シドニーから電車で約2時間のブルーマウンテンズ地区がお勧めです。今回は、その地区にある可愛い「街」、Leura(ルーラ)をご紹介。緑豊かな山間の小さな街で、そこだけ少し時間が止まっているかのようなビンテージ感がおしゃれです。60〜70年代の雰囲気たっぷりの洋服屋さんや、こだわりのチョコレート店など、自然だけではないルーラの街の魅力をお届けします♪

自然とレトロ感が魅力のルーラ!

ルーラの駅を降りると、すぐ南側にはルーラ・モールという小さな通りが。そこにはビンテージやオーガニックなどをキーワードにしたお店がずらりと並んでいます。ご覧の通り、郵便局もレンガ造りのレトロな建物が可愛らしく、しかも町にしっくりと溶け込んでいます。
ルーラは「ルーラ・カスケード(Leura Cascades)」という滝があることで知られ、その周辺はブルーマウンテンズ地区の美しい自然を楽しめるブッシュ・ウォーキング(トレッキング)のコースになっています。ルーラ駅前のストリートから滝のあるウォーキング・コースまでは徒歩で行くことも出来ますので、自然を楽しんだ後に町でお買い物、というのもいいですね。

町を歩いていても、1本裏通りに入ればこのように緑豊かな住宅がたくさん並んでいます。自然に囲まれた暮らしに憧れて都会から移り住み、シドニーなどの都市まで通勤する人や、週末やホリデーを過ごしにやって来る人もいるそうで、深呼吸したくなるような空気のきれいさに思わず納得です。

50〜60年代ファッション好きにオススメ!

ルーラには ビンテージ感あふれる革製品やアクセサリー、服などを扱うお店がたくさんあり、町のレトロな雰囲気を演出しています。その中でも、特に可愛いのが上の写真の「ルーラ・ビンテージ(Leura Vintage)」です。
女性用だけでなく男性用も含め、50〜60年代くらいのイメージのドレス(ワンピース)やスーツ、帽子やカバンなどが所狭しと並ぶ様子は、見ているだけでも時間を忘れて楽しくなりそう。
このルーラ・ビンテージが入っているストランド・アーケード(Strand Arcade)という建物には、他にもレトロなショップがたくさん入っているので、ぜひ覗いてみてくださいね。
<Leura Vintage公式サイト>
http://www.leuravintage.com

ヘルシー&美味しいカフェでランチ♪

おしゃれなカフェが多いルーラの町ですが、ストランド・アーケードの上にあるカフェ「ルビーフルーツ(Rubyfruits)」は、ビーガン(菜食主義者)向けのメニューを揃えていることが特徴です。ビーガンとは、肉や魚、卵、乳製品を食べない人のこと。ライム・シェイクには牛乳の代わりに豆乳を使用し、キッシュにも乳製品や卵は使われていません。どれも体がすっきりするような優しい味で、ボリュームもたっぷりです。
店内は小さな食堂のようなシンプルな作りで、主役は豊富なメニューとそのクオリティーということにお店が自信を持っていることが伺えます。とても小さなお店なので、訪れる際は混雑する時間帯を避けたほうが良いかもしれません。
<Rubyfruits公式Facebookページ>
https://www.facebook.com/rubyfruitveganbakery/

ルーラのお土産、何を買う?

小旅行気分でルーラに出かけたら、お土産として買って帰るのにオススメなのが「ジョソファンズ・ファイン・チョコレート(Josophan’s Fine Chocolates)」の製品です。オーストラリア全土でルーラの本店とシドニーシティのみの2店舗しかないというレアなお店で、フェアトレード素材にこだわった高品質なチョコレートを作り続けています。板チョコから、オレンジピールのチョコがけ、濃厚なチョコパウダーなど、素敵なインテリアの中に並ぶチョコレートはどれも食べるのがもったいない美しさ。イースターやバレンタイン、クリスマスの時期にはキュートな限定商品も店頭に並ぶ他、チョコレートを贅沢に使ったアイスクリームは食べ歩きにぴったりです。
<Josophan’s Fine Chocolates公式サイト>
https://josophans.com.au

 


もう1つ、ルーラといえば有名なのがキャンディー専門店、その名も「ザ・キャンディー・ストア」。前述のストランド・アーケードの一角にある、ピンクのオウムの看板が目印のお店です。店内に入ると、壁の棚を埋め尽くすほどのカラフルなキャンディーが。素朴な味のキャンディーが多いので、誰に買っていっても喜ばれそうです。
<The Candy Store公式サイト>
http://candystore.com.au

さいごに

今回はルーラの町をご紹介しました。小さな町ですが、ここには書ききれない魅力がルーラにはたっぷりで、是非実際に行って体験してみることをオススメします。毎年、春にあたる9〜10月頃には「ルーラ・ガーデン・フェスティバル」という花のお祭りも開かれたり、季節ごとのお楽しみもいろいろ。標高約1,000メートルの地域なので、シドニーなどの都会よりはかなり涼しいため、お出かけの際は少し暖かい格好をしていってくださいね。

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

facebook シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

comments

「海外留学」

のことなら何でもご相談下さい

ワールドアベニューでは、世界各国の海外留学プログラムをご紹介するだけでなく、海外教育機関と協力し、ワールドアベニュー限定プログラムを提供しています。興味をお持ちいただけた方は、まずはお気軽にご相談ください。