モデル・イラストレーター五島夕夏の      ワールドアベニュー留学相談体験レポート

シドニーで何食べる?第十弾〜本屋+カフェ&バー?「Sappho」で小粋なランチ・タイム〜

水田 真梨
この記事は私が書きました。

水田 真梨

一覧はこちら
水田 真梨
私が書きました。

水田 真梨

水田 真梨
この記事は私が書きました。

水田 真梨

一覧はこちら
食10アイキャッチ-min
オーストラリア留学 News

カフェの多いシドニーですが、そんな中でもちょっと異色なお店が「Sappho(サッフォ)」です。シドニーシティからバスで15分程のGlebe(グリーブ)という町の大通りに面した、一見すると普通の書店ですが、本棚の並ぶ店内を抜けると奥にはバーカウンターとキッチン、そして緑あふれる半屋外のカフェスペースが。買った本を片手に、うららかな陽射しを浴びながら素敵なランチを堪能する、そんな週末を過ごしてみませんか?

セントラル駅から徒歩でも行ける!

食10−1-min

今回ご紹介する本屋カフェSappho(サッフォ)はグリーブという町の中心地にあります。グリーブには電車の駅がないので、アクセスはバスか徒歩で。シティのセントラル駅からならバスで10分弱、徒歩でも20分という距離なので、散歩ついでにもちょうど良いですね。

食10−2-min

グリーブのパブリックスクール(小学校)の目の前にあるサッフォ。お店の外観はご覧の通り、ごく普通の書店です。1階で古本、2階で中古レコードを扱うお店ですので、掘り出し物を探したい人にぴったり。本は小説から美術書、旅行書まで幅広いジャンルを取り揃えています。

普通の古本屋。でも奥には・・・

食10−3-min

1階の本売り場の奥に、何やら別のスペースが見えます。狭い通路を進むとそこにはおもむろにキッチンカウンターが出現。ここからがカフェエリアです。先に飲み物や食べ物の注文とお会計を済ませたら、番号札をもらってから更に奥のテーブル席のあるスペースへ進むという、なんとも隠れ家っぽい雰囲気満点のカフェなのです。

食10−4-min

カラフルなグラフィティーと明るい水色のペイントがほどこされた壁、その先にはコートヤードと呼ばれる中庭が。とても書店の裏手とは思えないおしゃれな作りで、緑の木々も生い茂るそのスペースはとても落ち着く空間なので、書店で買った本をここで読みふける人も多いようです。書店の付属カフェだけあって、店員さんも基本的にお客さんを放っておいてくれるのが読書好きにはうれしいところ。とはいえとてもオープンな雰囲気の空間なので、おしゃべりをしていてもうるさすぎなければ大丈夫です。

食10−5-min

テーブルは屋根のついたスペースと空が見える完全屋外スペースの両方にあり、その日の気分や天気次第で好きなほうを選ぶことができます。寒い時期には屋外用のヒーターも出ているなど、1年を通してこの「隠れ家カフェ」を楽しめるようになっています。コーヒーの味もおいしいので、常連客が多いのも納得です。

ただし、オーストラリアの飲食店では基本的に喫煙は禁止されています。これは屋外スペースでも同様です。稀に、パブなどでは喫煙OKのスペースを特別に設けている店もありますが、必ずその店のルールや法律に従いましょう。

オーストラリアの朝食メニューを楽しもう!

食10−6-min

今回注文したのは、オーストラリアのカフェの朝食メニューは必ずと言って良いほどある「エッグ・ベネディクト」。トーストしたパンに野菜やハムとポーチドエッグ、そして黄色がきれいなホランデーズソースをたっぷりかけた人気メニューです。
その店によりアレンジが異なることも多く、パンがデニッシュやイングリッシュマフィンだったり、甘くないパンケーキを使用することも。また、ハムの代わりにベーコンや燻製サーモンなどを選べることもあります。

サッフォのエッグ・ベネディクトはカリッとトーストしたバゲット(フランスパン)にベビースピナッチ(サラダ用のホウレン草)、ハム、そして半熟卵よりもっとふわふわトロトロのポーチドエッグが載って、そこにたっぷりのホランデーズソースがかかっています。ポーチドエッグにナイフを入れると、鮮やかな色の黄身がトロリと溢れ出し、ソースやパンと合わさって至福の味わいに。一度食べたらやみつきになること間違いなしの美味しさです。

ホランデーズソースはバターとレモン果汁と卵黄から作られたソースで、エッグベネディクトには欠かせません。見た目はマヨネーズにも似ていますがもっとコクがあり、油っぽさは控えめ。
サッフォのエッグベネディクトは女性にもちょうど良い量で、味わいもあっさりしているので、初めての方にもオススメです。

他にもブランチメニューにはクロックムッシュ+目玉焼きの「クロックマダム」など数種類が並び、平日は午後1時まで、週末は午後3時までオーダー可能です。その他の時間帯もコーヒーやフレッシュジュースなどのドリンクの他、ワインなどのアルコール類とディップとチップス、チーズ、オリーブ、サラダなどのおつまみも楽しむことができます。価格も良心的ですので、ワインとタパスで読書を楽しむのも素敵ですね。

さいごに

本屋+カフェ&バーのサッフォ、毎日営業していますが曜日により閉店時間が違いますので来店前に必ずウェブサイトなどで確認してください。ちなみにサッフォでは音楽ライブや詩の朗読イベントなども不定期で開かれているようです。都会の喧騒に疲れたら、隠れ家カフェで是非リラックスしてみてくださいね。

<Sappho Books, Cafe & Bar公式サイト>
http://www.sapphobooks.com.au

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

Comments

comments

「海外留学」

のことなら何でもご相談下さい

ワールドアベニューでは、世界各国の海外留学プログラムをご紹介するだけでなく、海外教育機関と協力し、ワールドアベニュー限定プログラムを提供しています。興味をお持ちいただけた方は、まずはお気軽にご相談ください。