モデル・イラストレーター五島夕夏の      ワールドアベニュー留学相談体験レポート

【そめごろー4日間の旅】都会の喧騒から抜け出したくて留学人気国オーストラリアへ行っちゃいました 3日目

Erika
この記事は私が書きました。

Erika

一覧はこちら
Erika
私が書きました。

Erika

Erika
この記事は私が書きました。

Erika

一覧はこちら
アイキャッチ(1)
オーストラリア留学 News

お早うございます!!
旅、2日目では幻想的なサンセットに魅了され、心ほっこりしたそめごろーです。

あー、綺麗だったなぁ。。。
そして、雨女って誰だっけ?って言うくらい、晴天です♡

今日は海辺のレストランで、綺麗な景色を見ながらディナーらしい……
夜が楽しみすぎて、タイムリープしたい。

さてと、

今日もはりきっていってきまーす!

?3日目はこんなところに行ってきたよ?
—————–
1. 獣医学を学ぶならココ!Murdoch University
2. キャリアアップ系のプログラムも豊富!緑あふれるキャンパスでアットホームに英語を学べるPhoenix Academy
3. 日本人がほとんどいない!?シティ内にある穴場語学学校Language Links
4. 歴史を感じられる世界遺産が存在する港町Fremantle
5. 番外編:パースの交通事情
—————–

※1日目、2日目の旅の内容からチェックしたい方は下記をご覧ください!
【そめごろー4日間の旅】都会の喧騒から抜け出したくて留学人気国オーストラリアへ行っちゃいました 1日目
【そめごろー4日間の旅】都会の喧騒から抜け出したくて留学人気国オーストラリアへ行っちゃいました 2日目

1. 獣医学を学ぶならココ!Murdoch University

s_a

じゃじゃん!!
Murdoch Universityに到着しました。
パース市内から車で15~20分ほどのところにあるMurdoch Universityは環境学・農学・獣医学が有名で、約100ヵ国以上の国から留学生が集う大学として知られています。
特に、広大な敷地を生かした設備が魅力的で、例えば、看護学部の方が実習するための設備は、本物の病院と変わらぬ設備を整えていたり、獣医学部用の小さな農場や大学附属動物病院を併設していたりします。
動物看護を学ぶことも出来るので、動物が好きでかつ医療系の仕事に興味がある方にもオススメです。

また、日本との繋がりが強く、1992年より日本の提携大学からの交換留学生を受け入れています。
日本との交換留学プログラムのコーディネーターを担っている森山武教授は、交換留学生だけでなく、日本から来られる学生さん達の相談にも乗ってくださっています。24時間英話環境の中に1人で飛び込むとなると不安になりますが、困った時に日本語で相談できる方がいると思うと安心しますよね。

それにしても、大学に牛や馬がいるなんて…… 信じられない(笑)

s_b

ひ、ひろい・・・
青い芝生がキャンパスの中心に広がっており、生徒達が楽しそうに談笑していました。

s_c

Student Centreでは、カリキュラムのことやホームステイのことなど、分からないことを直接聞いていただくことができます。

s_d

s_e

何について聞きたいのかを選択して、相談ブースに行きます。

s_f

1つのブースに1人スタッフがいます。
ここで相談をします。

海外の大学へ1人で行き、全く新しい環境で勉強すると考えるだけでドキドキ感がありますが、このように相談に乗ってもらえると安心して生活をスタートできますよね。

s_g

え!!トイレがおしゃれ!!!
用もないのにトイレ行きたくなっちゃいますね。(行きたくならないか)

s_h

講堂に入ることが出来ました。
大きいですね…… さすが海外の講堂……
ネイティブの学生達に囲まれて、大きな講堂で一緒に授業を受けている自分を想像したらウキウキしますね♪

s_i

フードコートがありました。

s_j

アイスーーー!!
こうやって太っていくのでしょうね・・・とほほ

s_k

リサイクルボックスが設置されています。
さすが!環境学部が有名なだけあります。
Murdoch Universityは地球環境学や自然環境&地質学などを学ぶこともできます。
オーストラリアは環境保全活動も盛んなので、最先端の知識や世界が取り組むさまざまな取り組みを学ぶことができるかもしれませんね。

s_l

学内にあるカフェがおしゃれすぎる……
自分の大学にもこんなにおしゃれなカフェがあれば、イケメン彼氏と、「あはは」「うふふ」と楽しいキャンパスライフを送ることが出来たかもしれないのに……(カフェ関係ない)

s_m

学校の話を色々と聞きながら学校をまわっていると・・・

楽しそうに遊ぶ学生の姿が。
芝生の上にはいくつかイスやビーズクッションが設置されているので、座って話をしたり、スポーツをしたりと、みんな思い思いの時間を過ごしていました。

みんな、勉強するときは勉強に集中し、遊ぶときは遊ぶというON・OFFを切り替えた学生生活を過ごされている様子が伺えました。

2. キャリアアップ系のプログラムも豊富!緑あふれるキャンパスでアットホームに英語を学べるPhoenix Academy

s_n

本日2校目のPhoenix Academyにとうちゃーーく!
今日は暑いな・・・元雨女の私にとって日差しは天敵。
オーストラリアは直射日光が鋭く、紫外線が強いため日焼け止めは必須です!!
こちらでも日焼け止めは購入することができますが、肌に合うかどうか心配な方は日本製品をご持参くださいね。

さて、余談はさておき、Phoenix Academyの見学に進んでいきましょう!

なんだか、他の学校と全く違う外観だな~

o

2階建ての可愛らしい校舎に、広い庭が広がっており、庭には生徒がランチを食べたりチャッティングができたりする椅子が置いてあります。全校生徒が参加するイベントが月に1度開催されており、この日はお庭でBBQを開催し予定!もちろん、参加します!だって、ホットドッグ食べられるし!!ふふふ。

おっと。
学校の紹介でした。
Phoenix Academyは、一般英語をはじめケンブリッジ英語検定対策や進学英語などの英語コースに加え、ビジネス知識を学ぶことができる専門コースも開講しています。

また、1日目に訪問したCurtin University、2日目に訪問したEdith Cowan University、そして本日訪問してきたMurdoch Universityへの進学パスウェイを持っており、大学進学にも強く、本学で開講しているビジネス専門コース(Diploma of Business)から大学2年次に編入可能な制度も設けています。

「大学進学までは考えていないけど、一般英語だけではなぁ……」
とお考えの方には、Gap Year Programと呼ばれる英語+ビジネスを勉強できるプログラムや一般英語+ケンブリッジ英検試験対策を受講できるプログラムが魅力的です。

Gap Year Program参考記事:
「留学すれば、英語は伸びる」は嘘!? キャリアカウンセラーがオススメする「真剣に英語力を伸ばしたいと考えている人におすすめの専門留学」

【ケンブリッジ英語検定とは】
1858年にイギリスの名門、ケンブリッジ大学によって設立された英語検定。世界10,000以上の教育機関や企業が英語能力の判断基準の指標としてとりいれるなど、世界規模で正確性・公平性を保証された試験。日本ではまだ知名度が高くないがヨーロッパを中心に圧倒的な人気があり、約150カ国で年間300万人が受験している。

ケンブリッジ英語検定対策コースに定評のある語学学校をご紹介している記事:
ヨーロッパ系の友達も作れて英語力も総合的に伸ばせる!人気急上昇中のケンブリッジ英語検定対策に定評のある語学学校はどこ?

これだけ開講コースが豊富であれば、各々異なる目的や目標にも柔軟に合わせてプランを選ぶことができますね。

ちょっと授業をのぞき見してみようっと。

p

年齢層はさまざまですが、各々が自分に合ったレベルで和気あいあいと勉強しています。
「間違ったらどうしよう」「質問して良いのかな・・・」と消極的になってしまいがちな方も、このアットホームな雰囲気なら積極的になれそうですね。

q

みんな真剣な顔して勉強してる。

r

掲示板には、コース毎のクラス名簿が掲載されています。
ここで自分が入るコースや教室を確認することが出来るので、間違えずに教室に行くことが出来ます!

よし、2階にあがってみよう。

s

庭、広い!!!
ここで色々な国の友達とランチを食べながらチャッティングできたら楽しいだろうなぁ♪
街中のビルの中にある語学学校にはない雰囲気なので、海外生活している感がよりにじみ出ますね。

t

キッチンには、ランチを食べるスペースがあり、電子レンジや自動販売機が設置されていました。
ホームステイ先やシェアハウス先から作って持ってきたランチをここで温めて食べることもできるし、飲み物や軽食を購入することもできます。

u

10代の生徒達が学んでいる校舎。
内装がカラフルでかわいい♡

v
w

奥に見えるのはレジデンス(学生寮)です。

x

レジデンスの受付

y

部屋には勉強机もきちんと設置されているので、宿題や自習も部屋でできますね。

z

レジデンスに住んでいる生徒同士で遊ぶことのできるプレイルームも!
海外でビリヤードとか憧れる~♪

s_aa

第2の家族が出来るのはホームステイだけど、レジデンスに住んでみるのも面白そう!他のレベルやクラスにいる様々な国からきている友達も出来るので、英語の勉強にもなりそうですね。

s_bb

わ!BBQ始まってる!!
私もホットドッグ食べたい!!!
ホットドッグ!!ホットドッグ!!
ちなみに、オーストラリアのBBQでは、みんな必ずと言っていい程ホットドッグを食べるという不思議な習慣があります。
参照記事:散歩ついでにBBQ!?実際に暮らしたからこそ分かるオーストラリアと日本の文化の違い10選

このあと生徒さんにまぎれて無事にホットドッグをいただきました。ご馳走様でした。

滞在先手配担当の方も先生たちも、とっても良い人ばかりだったな~
現地到着後、右も左もわからないなかでスタートする学校生活で、優しく色々なことを教えてくれる人達がいると安心して学校へ行けますよね。
生徒さん達と話していたら、みんな自分の学校が好きみたいで、とても雰囲気の良い学校さんでした♪
みんなの中に入り込んで、一瞬留学生気分を味わえて楽しかった~♡

さてと、余韻に浸りながら、本日最後の学校視察いってきまーす!

3.日本人がほとんどいない!?シティ内にある穴場語学学校Language Links

s_cc

市内に戻ってきました。本日最後の学校視察。
実は、宿泊しているホテルの真後ろあたりにあった語学学校。
灯台下暗し!
市内にあるのでアクセスも良く、学校帰りに市内で遊んだりカフェに行ったりすることもできるため、勉強と遊びをどちらも楽しむことができます。

Links

1階建ての小規模な校舎では、約100名の国際色豊かな生徒達が勉強中。
ブラジル、イタリア、コロンビアからの留学生が多く、日本人比率は1~2%という少なさ!!

s_ee

入口を抜けると、大きな世界地図が飾られていました。
ここで生徒達は「私、ここから来たよ!」と、和気あいあいと話しているのでしょうね!楽しそう♪

s_ff

キッチン兼ラウンジ。
この棚にある本は、レンタルができるそうです!!
自分で本を買わずに英語の勉強が出来るなんて、節約もできて嬉しい限りですね。

s_gg

学校入学時にオリエンテーションを行う部屋。
1日目は、とっても緊張するもの。
初日に、学校のルールやキャンパス内のことなどをしっかりと教えてもらえたら、そのあとの生活も安心出来ますよね。ドキドキとワクワクを抱えて、みんなオリエンテーションを受けると思うと、思わず顔がほころんでしまう……

s_hh

生活に関する情報が掲載されている掲示板。
シェアハウスやアルバイトの情報もここでゲットすることが出来るので、探すが少し楽になりますね♪

s_ii

みんな、真剣に勉強中。

※私の顔がガラスにうつっていることは気にしないでください。

s_jj

みんな楽しそうですね♪

廊下からガラス越しに教室内を撮影しようと思うとどうしても自分の姿がガラスに反射してしまい、上手く写真が撮れない…… そんな私を見かねて、学校担当者がカメラを奪って撮ってくれました。笑

綺麗、上手。笑

私たち留学会社にも優しいということは、生徒さん達にもきっと寄り添ってサポートしてくれているのでしょうね。
お客様を送り出す私達も安心です!

s_kk

いくつか教室を見せていただき、視察終了。
校舎の外にはテラス席が設置されているので、晴れの日には綺麗な空のもと、友だちとランチを楽しめそう♪

アットホームな雰囲気で、本当に日本人が少ない学校でした。
外国人に囲まれて、とにかく日本人が少ないところに行きたい!!という方には良い環境かもしれないですね。

さーーーーて、お腹すいたぞーー
今日は、港町に行けるらしい♪
たのしみーー!

4. 歴史を感じられる世界遺産が存在する港町Fremantle

s_ll

本日最後の視察スポットは、パース市内から電車で30分ほどのところにある港町 Frematle。
おしゃれなカフェやお土産屋さんが立ち並ぶストリートが縦横に広がり、海風が吹き抜ける心地よい場所です。

到着したのが16時頃で、日本であればまだみんな仕事をしている時間でしたが、オーストラリアではみんなカフェでコーヒーを飲んでいたり、ふらっと犬の散歩をしていたりと各々の時間を楽しんでいる人達であふれていました。

s_mm

建物がカラフルで街並みがかわいいなぁ。カフェもおしゃれ!!

nn

こんな素敵なテラス席でワインなんて飲めたら・・・♡

と思いながら歩いていると、

oo

え?
pp

ん?

急に謎のストリートアートが出現しました。
あまりにもシュール過ぎて、思わず写真を撮らずにはいられなかったので、パシャリ。

オーストラリアでは、このようなストリートアートが所々に描かれており、何かに制限されているのではなく自分の思いを様々な形で表現する国ならではの文化ですね。

このアートが何を伝えたかったのかは置いておいて・・・
さーて、お土産漁ろ~♪

qq

え・・・?
シュール。
しかも、右のコアラ、プリント自体がブレてる。
震えるコアラ。
コアラ ガクブル……笑

オーストラリアならではのクオリティ。
日本であったらこんなことは起きないと思うと、日本製品は技術の高さ・精密さが光っていることがわかりますね。
ただ、このコアラは面白かったので日本にお持ち帰りさせていただきました。

rr

お土産屋さん近くにあるFremantleのタウンホール駅。
ここでみんなと待ち合わせして、フリーマントル刑務所へ。

ss

フリーマントル刑務所のメインゲート。
西日が差し込んで、より一層異様な雰囲気を醸し出しています。
ここは、1850年に建設され、1991年まで囚人達が収監されていた歴史深い場所。2010年に、オーストラリアの囚人遺跡群の一つとして世界遺産に登録をされ、今では博物館として使用されています。

tt

uu

感じ取れるものは異様で、とても言葉では表せない雰囲気です。

1日目で訪れたアンザックの慰霊碑もですが、歴史を感じられる場所の多いオーストラリア。
過去の出来事を知るからこそ、今のオーストラリアを知ることが出来ると、歴史を知る大切さをより感じながら刑務所をあとにしました。

沢山歩いて喉が渇いたな~
むむっ。
おしゃれなお店発見。

vv
ww

ビールの醸造所だと……!?

xx

ここでビールが作られているのか…… ゴクリ

yy

ビール!!
ビール!!!

s_zz

ビール♪
ビール♪

s_aaa

醸造所の中で飲むだけでなく、瓶ビールを購入して持ち帰ることもできます。

s_bbb

ビールーーーーーー!!!
すごい数。そして、すごい量!(笑)
ここでは、様々な種類のビールを試飲するこができます。

s_ccc

おいしーーー!!!

ビールが苦手な女性の方は、飲みやすさ抜群のアップルサイダーもありますよ♪

内装もおしゃれでビール飲みながらウキウキ♪

s_eee

グッズも販売していました。
ビールの力でTシャツを買ってしまいそうになりました。

そろそろお腹もすいてきたので、待ちに待った海沿いのレストランへ向かいましょう。ふふふ。

s_fff

向かう途中に観覧車が……!
ここはウェディングフォトのスポットにもなっているようで、今日もカップルがウェディングフォトを撮影していました。幸せをおすそ分けしてもらい、ほっこり気分になりました。

s_ggg

とうちゃーーく!
Bathers Beach Houseは、おいしいお魚やお肉、オーストラリア産のワインを楽しめるレストラン。
カンガルーのお肉も食べることができます!硬くて食べにくい……?と思っていましたがトマト煮込みがとってもおいしい!!

s_ll

店内は、木目調のテーブルやイスが並べられており、海側は全面ガラス窓になって……

え!!!

s_iii

なんだ、この景色は!!!
水平線に溶け込むグラデーションが美しいですね。

思わず外に飛び出てみました。

jjj

ちなみに外の窓にもこのように……

s_kkk

ずっとここにいたい。
帰りたくない。
無理。

こんな素敵な場所で金髪イケメンの彼と一緒に美味しいワインを飲みながら、オージービーフを食べて、うふふな気分になりたい……

……さて、明日もあるし、帰ろう。
Study Perthの皆さま方、素敵なディナーをありがとうございました!

5. 番外編:パースの交通事情

素敵な場所が沢山あるパースですが、みなさんどのような交通機関を利用して生活しているのでしょう?
実は、パース市内にはCAT(Central Area Transit)という無料バスが通っており、市内は無料で移動することが可能です。黄・赤・青3種類のラインがあるのですが、それぞれ走るエリアが少し異なるので、慣れるまでは下記のような路線図を見ながら利用してみると良いと思います。

lll

バス停にも色がついており、どこを通るのかは確認ができるので乗車する前に必ずチェックしてくださいね。

s_mmm

お金に制限がある留学生にとって無料で移動出来る手段があるのは、本当に助かりますよね。

また、日本でいうSuicaのようなカード“Smart Rider”もあるので、非常に便利です。
ちなみにパースだと留学生でも学割が適応になります。

nnn

駅にあるショップで購入することができ、下記の機械を使って料金をチャージします。

ooo
ppp
qqq

そして、日本と同じようにピッとします。

rrr
sss

楽ちんですね~
私が留学した時には、まだまだチケットを買うという時代だったので羨ましい限りです。
これで、どこでも移動ができますね♪

まとめ

オーストラリアの旅3日目が終了~!
パースについて、もう3日も経っちゃったのか……
残すところあと1日かぁ……
きっと、どれだけ長い期間滞在しても、最後はこのように思うのでしょう。

飛び立つときには、沢山の不安を抱えて。
帰国するときには、沢山の思い出を抱えて。

今日訪れた学校では、それぞれ生徒さんたちに様々なお話を伺ったのですが、みんな一生懸命英語で自分の体験を語ってくださいました。留学しようと思ったきっかけや目的はそれぞれ違うけれど、みなさん各々の目標に向かって走っていて、とてもキラキラ充実した顔をしていました。
きっと、ここでの生活や経験は、どれだけ時間が経過してもいつまでも鮮明に思い出せ一生忘れられないものとなるのでしょう。

キラキラした生徒さん達とお話しをして、私も改めて人生いつ誰と会っても「いつも楽しそうだね」と言われる人でありたいと思いました。
よーーし、明日は最終日!私も頑張るぞー!!!

【そめごろー4日間の旅】都会の喧騒から抜け出したくて留学人気国オーストラリアへ行っちゃいました 4日目
も乞うご期待です!
4日目に続く・・・

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

Comments

comments

「海外留学」

のことなら何でもご相談下さい

ワールドアベニューでは、世界各国の海外留学プログラムをご紹介するだけでなく、海外教育機関と協力し、ワールドアベニュー限定プログラムを提供しています。興味をお持ちいただけた方は、まずはお気軽にご相談ください。