モデル・イラストレーター五島夕夏の      ワールドアベニュー留学相談体験レポート

「英語が出来る」だけでは足りない!?「英語で出来る」を身につける

Ayaka
この記事は私が書きました。

Ayaka

一覧はこちら
Ayaka
私が書きました。

Ayaka

Ayaka
この記事は私が書きました。

Ayaka

一覧はこちら
写真:打ち合わせ
英語の勉強法

自分を思いっきり成長させてくれて、自身を与えてくれて、そして英語力を身につけさせてくれた留学。日本に帰国し、意気揚々と留学話をしていた時、某大手企業に勤めていて海外出張へ行く叔父が一言。
「日常会話が話せるだけでは企業では通じない。ビジネス英語が使えないと。」

当時の私はというと、「その通りだけれど、英語が話せれば大丈夫だろう」と正直高をくくっていました。
ところが、実際にワールドアベニューへ入社し、英語を使う機会に思ったことが、「ビジネス英語がわからない」ということでした。
日本でも敬語があるように、英語にも丁寧な言い回しがあることを、留学中の私は意識しておらず、結果帰国してから「未達成リスト」に追加しなければ行けない事項が増えたのです。
みなさんは、今ここで、またワールドアベニューのカウンセラーから「英語だけでなく目的をもって、スキルを身につけましょう」と言われ、意識出来ています。しかし、意識だけでは足りません。行動に移しましょう。

「先生英語」は丁寧語ではない?

「座ってください」をビジネス英語で言うとなんというでしょう。
丁寧語だから、pleaseをつけよう。そういえば、学校で先生が「座る」はsit downだと言っていた。授業中にもよく”please sit down.”と聞いていたな。

ところが、これでは先生の話す少し命令じみた表現になってしまいます。Pleaseが一概に丁寧語だとは限らないのです。ではどういうのか。正解は、”please take a seat.”です。
こういったビジネス英語を学べるコースは多くの学校で開講されています。一般英語である程度のレベルを取るとビジネス英語コースへ進むことが出来ます。
前述したように、一般英語だけではなく、ビジネス英語を学べるという利点もあり、且つ一般英語レベルを上げるという目標を持って勉強が出来るので、より英語勉強に対して意識を高く持つことが出来ます。
またビジネス英語コースを受ける生徒は、士気が高く、ビジネス業界に既に入ったことのある人も多くいます。つまり、実際のビジネスの話が聞けて、より良い人脈を広げることが出来る。これがビジネス英語を受講する利点です。

英語+専門知識で特殊な留学を!

就職活動で集団面接を受けた時のこと。一人は語学留学に、一人はワーキングホリデーに、一人はバックパッカーに、一人は海外ボランティアに。多くの就活生が今や海外で活動を行い、国際感覚を身につけています。そして面接官は何千人という就活生からその話を聞きます。「英語を勉強しに海外へ行きました!」だけでは、やはり面接官の目に留まる物はそう多く有りません。
ワールドアベニューでは、英語+専門コース受講という留学をお勧めしています。
例えば将来貿易関係で働きたいと思っている方は、州立の専門学校で開講されている”international trade”のクラスを受けると良いでしょう。税関の知識、輸入か持つの知識など、英語で学ぶことが出来るため、高度な英語力も要求され、そして知識も得ることが出来ます。
元々その分野に興味が有り、海外で日本とは違った視点で勉強したかったとアピールすることも出来ます。

短期間でも証明書が発行される特殊プログラム

オーストラリアパースにある語学学校Phoenix Academyが行っているGap Year Program。最短で6ヶ月から英語+ビジネスが勉強出来ます。更に長期滞在出来る方には、ビジネスCertificate4(ビジネス現場で働くのに充分な知識があると見なされるレベル)や、ビジネスdiploma(リーダーとしてビジネス現場で働けるレベル)を取得することが出来ます。
転職活動前の社会人の方、就職活動に活かしたい学生の方、高校卒業資格を持っていれば、英語力を現地で上げて、プラスαの留学をしましょう。
現在ワールドアベニューはこのGap Year Programのキャンペーンを行っています。気になる方はワールドアベニューまでお問い合わせください。

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

Comments

comments

「海外留学」

のことなら何でもご相談下さい

ワールドアベニューでは、世界各国の海外留学プログラムをご紹介するだけでなく、海外教育機関と協力し、ワールドアベニュー限定プログラムを提供しています。興味をお持ちいただけた方は、まずはお気軽にご相談ください。