モデル・イラストレーター五島夕夏の      ワールドアベニュー留学相談体験レポート

もっと、世界へ!鎖を外して、自分の力で飛び立て!留学について本気で考えよう!

Yuca
この記事は私が書きました。

Yuca

一覧はこちら
Yuca
私が書きました。

Yuca

Yuca
この記事は私が書きました。

Yuca

一覧はこちら
magazine1
大学生向け留学情報

こんにちは!ライフスタイルコーディネーターのYUCAです。
 
すっごくすっごく、もったいないなあと思うことがあります。
それは、日本の学生は本当に「条件付け」にかかりまくっているということ。
 
「留学したい」とは言うものの、そのほとんどが、在学中の短期留学。
せっかく留学して帰ってきたかと思えば、それを生かすこともなくフツーに就職活動。
 
もったいない!
 

<留学について本気で考えよう!>
もっと、自分の能力を解放しましょうよ!

1

本当は人間って、びっくりするほど能力値が高いんです。
それを制限してしまっている人が多すぎて、とってももったいない。
 
留学の相談を受ければ受けるほど思います。
 
海外で生活し、海外で学ぶ。
不安かもしれない。怖いかもしれない。
だけど、それが何?と思うのです。
 
だって、1年で一体何を学べるの?
自分の学びたい学問が1年で学べるとでも言うのでしょうか。
 
やっぱり、学問を学ぶのって2~3年はかかると思うんです。
それが、自分が突き詰めたい内容なのであればなおさら。
 
「留学をしたい」と思うからには、少なからず「自分の力を試したい」という思いもあるんでしょう?
 
だとしたら、なぜ、それに全力で挑もうとしないのでしょうか。
 
すっごく、もったいない。
 
ただ、英語がしゃべりたいだけ、海外に住みたいだけなら、旅行にでも行ってください。
 
世界でも稀にみる最豊国、日本に生まれ、育ち、教育を与えられ、さらに留学できるチャンスまである。
それがいかに、幸せなことか。
 
その幸せに感謝すらできない人間は留学なんてすべきでないと、わたしは思うのです。

それでも「留学をしたい!」というのであれば、もっと深く、学びたいことを突き詰め、何のために留学をするのかを明確にしましょう。
 
その覚悟がなければ、留学なんてただの遊学で終わってしまいます。
 
いっそ、大学を辞めて海外の大学に入りなおすくらいの勢いが必要だとも思います。
そして、「なぜ」あなたは留学をするのか、留学をしたいと考えているのかを、強烈に、鮮明に、明確にするべきなのです。

 

<留学について本気で考えよう!>
留学したい!けど…踏みとどまってしまう、「条件付け」を打破するには

4

とはいっても…どうしても二の足踏んでしまう、という方も多いのではないでしょうか。
 
大きな決断をすることが怖くて、大学のシステムに乗っかって留学するだけにとどまってしまう。
たとえ1年だけの留学だったとしても、強く、何かを得ようと決断して留学に挑むことができない。
 

その、決断したいけどできない、恐怖心のことを「条件付け」と言います。
 
「条件付け」とは、何かチャレンジしたいことなどがあっても「自分にはできないかもしれない…」と思ってしまうマインドのこと。
 
人間は生まれてから20歳になるまで、多くの否定を受けて育ちます。
その回数、なんと否定は14万8000回!!
 
しかも、海外に比べて日本人はその数が圧倒的に多く、そのため、どうしても何かにチャレンジすることを戸惑ってしまったり、消極的になってしまうのです。
 
要は思い込みですね。
じゃあ、どうやって外せばいいのでしょう?
 
実はね、これ、答えはたったひとつしかないんです。
 
それは、
 
「がむしゃらに留学に向かって突き進んでいる人を見つけること」!
 
カマスってご存知ですか?
肉食の魚です。
 
例えば、ひとつの水槽にカマスと、餌となる金魚を入れたとしましょう。
カマスはすかさず金魚を食べにいきますよね。
 
じゃあ、カマスと金魚の間に、ガラスの板を1枚入れてみましょう。
カマスは金魚に全力で向かっていきます。
でも、ガラスにどーんっとぶつかってしまう。
何度も何度も、チャレンジしてみるけど、どうしても金魚の元にいけない。
しかも痛い。笑
 
しばらくしてその板を外します。
するとなんと、カマスは金魚を食べなくなってしまうのです。
 
なぜなら、「金魚を食べようとすると痛い目に合う」と条件付けにかかってしまったのですね。
 
刷り込みともいいます。
 
人間も同じで、「チャレンジしたけど失敗した」という経験があればあるほど、「結局チャレンジしてもどうせダメなんだ」って思ってしまうのです。
 
でね、先ほどのカマス。
再び金魚を食べるようにするには、どうしたらいいのでしょう?
 
答えは、条件付けにかかっていないカマスを水槽に入れることなんです。
 
だから、人間も同じなんです。
自分が思うように動けてないなって思うなら、まっしぐらに突き進んでいる人を見つけましょう。
そして、「この人だってできるんだから自分にだってできる!」と自分の思い込みに上書きをするんです。
 

大丈夫、あなたはできます。
 
自分くらい、自分のことを信じてあげないで、誰が信じてくれるんですか?

 
早く決断して、外に飛び出そう。
 
そして力をつけて、自分の人生、胸を張って生きていきましょう!

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

Comments

comments

「海外留学」

のことなら何でもご相談下さい

ワールドアベニューでは、世界各国の海外留学プログラムをご紹介するだけでなく、海外教育機関と協力し、ワールドアベニュー限定プログラムを提供しています。興味をお持ちいただけた方は、まずはお気軽にご相談ください。