モデル・イラストレーター五島夕夏の      ワールドアベニュー留学相談体験レポート
544716_3391438564604_1613643975_n
大学生向け留学情報

留学に行ってからというものの、世界の魅力にはまり一人でも友達とでもお金と時間があれば海外に行くようになりました。大学受験時に世界史を専攻しており、歴史と観光地を結びつけるのも楽しかったですし、英語が出来ることで世界中の人と会話できるのも旅の醍醐味でした。
今回は海外旅行通の私がオススメする旅行先をご紹介します!

アメリカ

特におすすめの観光地はロサンゼルス、ラスベガス、ニューヨークです。
自然も都会もある大きな大地は、何度言っても飽きない魅力があります。

ロサンゼルス

ロサンゼルスは気候が良く、晴れの日も多いため、旅行で訪れても雨が降って気分が落ち込むことなどがありません。また、有名な観光地も多いため、長期滞在でも飽きることがありません!
ハリウッド

ラスベガス

ラスベガスはまさにエンターテインメントの町。息抜きに旅行するには最高の場所です。ストリップ通りのホテルにはバーやナイトクラブ、ショッピングスポット、アトラクション、ショーなどホテルごとに特徴があるため、ホテルめぐりも楽しめます。また、どのホテルにもカジノがあり、セレブ気分を味わいたい方におすすめの観光地です。
ラスベガス

ニューヨーク

ブルックリン橋
ニューヨークでは、多くのインスピレーションを受けることができるでしょう。アート、歴史、文化、ミュージカルなど何日いても常に移り変わるニューヨークに飽きることはありません。観光して過ごすもよし、ゆっくりと滞在してニューヨーカー気分を味わうもよし、あなたなりの過ごし方ができますよ。
ニューヨーク

オーストラリア

観光大国のオーストラリア。自然遺産が多く、リラックスに最適です。また、アウトドアも盛んなため、家族連れでも楽しめます。

ゴールドコースト

世界一長い海岸線と呼ばれるゴールドコースト。近くには、シーワールド、ムービーワールドなど、テーマパークも充実。サーフィンなどのマリンスポーツに挑戦してみるのも良いでしょう。
ゴールドコースト

トルコ

アジアとヨーロッパの融合が美しいトルコは、歴史好きの人にはとてもおすすめの国です。また、トルコ人は親日家が多く、人が優しい印象を受けるでしょう。現在治安が心配なため、渡航には十分注意が必要です。
エジプシャンバザール

イスタンブール

新市街地と旧市街地に分かれます。町の中心地は栄えており、カフェやトルコ料理屋、スパイスのお店からお土産物やまで所狭しと並んでいます。タクシム通りは若者が集まるショッピングストリートとなっているため、ショッピングをしたい方におすすめです。
また、モスクも多く、ブルーモスク、トプカプ宮殿など宗教と歴史、そしてイスラム建築の綺麗さを感じることができます。ただし、肌の露出や足の形の出る服を着ていかないようにしましょう。
ブルーモスク

スペイン

ヨーロッパの南に位置する情熱の国・スペイン。美味しい料理とカラフルな町が陽気さを体現しています。
サグラダファミリア

バルセロナ

私が訪れたスペインの都市の中でもやはりバルセロナが一番好きでした。アントニオ・ガウディの作品が町の至るところにあり、曲線美と色使いを見ているだけでワクワクします。そして、レアリズム派の美術館を見るのもスペインの芸術観を知る上で欠かせません。昼間はガウディ、夜は美術館、そしてバルでお酒とタパスを楽しむのがおすすめです。
カサバトリョ

ベルギー

チョコレートの国、ベルギー。日本では高級扱いされているチョコレートも、安い値段で手に入る、夢のような国です。フランスの影響を受けている美しい建物が目立ちます。

ブリュッセル

世界一美しい広場と言われているグラン・パレスは圧巻です。夜のグランパレスがおすすめです。
朝はベルギーワッフルとホットチョコレートの組み合わせを楽しむことができ、昼間は王立美術館や国際機関を見に行くのも良いでしょう。
個人的にはフリッツと言われるフライドポテトにマヨネーズをつけて食べるストリートフードが大好きでした。
ブリュッセル

ブルージュ

また、日帰りでいけるブルージュもレースと川の町で、とても美しかったのでおすすめです。ブリュッセルからは1時間半ほどでいけました。
ブリュージュ

イタリア

街全体が美術館。そんなイタリアは人も街も絵になる国でした

ローマ

定番の首都・ローマには有名な観光地が揃っているため、一度は訪れることをおすすめします。他食べ物もおいしく、食事に困ることはありません。
トレビの泉
私が大好きな場所は、ナヴォーナ広場。晴れた日には青い空と白い噴水のコントラストが美しく、いつまででも眺めていられる、そんな素敵な空間を作ってくれます。
ナヴォーナ広場
また、ヴェローナ、ヴェネツィア、アルベロベッロ、アマルフィ、フィレンツェ、ミラノなど、どこに言っても後悔しないのがイタリアです。日本人好みの国なので、訪れてみてください。

私流、海外ひとり旅の5箇条

バックパックを買うべし!

バックパックは身軽に旅をする上で必需品となります。自分の身丈にあったバックパックを選んでください。また、自分のものとわかるように珍しい色やデザインのものを選ぶと良いでしょう。

調査は怠ることなかれ!

どの交通機関があるのか、その国で行動する際の注意事項はあるのか、スリが多いのかなど事前に知っておくからこそスムーズにかつ安全に旅が進められます。また、調べて安心するのではなく、細心の注意を払いましょう。
情報収集は本だけでなくネットでも行いましょう。本は情報が古くなった時に、更新が遅くなってしまいます。グーグルマップなどを用いて距離を測るなど、シミュレーションをいかに多く行うかが鍵です。
但し、インターネットが開けない海外の屋外などでも迷わない様に、観光ブックを一冊は購入していくことをお勧めします。数日前から読み、行きたいところが見つかったら計画表を作成し、ネットで最新情報をゲットしましょう。

予約は事前にしっかりと!

ホテル、電車は前もって予約をしておくこと。当日慌てると正しい判断ができなくなったり、余分な出費をしてしまったりする可能性が有ります。

常に警戒・注意を怠るなかれ!

気が緩んで貴重品から目を離してしまったりすると、大変な事になりかねません。
また、ホステルなどに泊まる際も、荷物を南京錠で結びつけておくなど、警戒をしてもしすぎることはありません。常に心に留めておきましょう

英語を身につけていくべし!

私が一人旅をできるようになったのは、国際線に乗ることに慣れ、かつ、トラブルがあっても対処できる英語力がついたからでした。また、海外の怖さや注意すべきポイントを少しでも知っているからこそできている事でもあります。
また、現地で出会った人と交流が持てたり、旅仲間と遊んだりが出来るのも一人旅の醍醐味です。
一人旅に備えて、もしくは練習として海外留学からスタートしてみましょう。

海外旅行をもっと楽しくするために、海外留学で海外感覚と英語を磨きましょう!

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

Comments

comments

「海外留学」

のことなら何でもご相談下さい

ワールドアベニューでは、世界各国の海外留学プログラムをご紹介するだけでなく、海外教育機関と協力し、ワールドアベニュー限定プログラムを提供しています。興味をお持ちいただけた方は、まずはお気軽にご相談ください。