モデル・イラストレーター五島夕夏の      ワールドアベニュー留学相談体験レポート
カナダ
カナダ留学 News

海外留学生に大人気の制度、ワーキングホリデー。毎年多くの方からお問合せを頂き、弊社でも数多くの参加者の方のお手続を行っております。

人気な国は、オーストラリアとカナダ。特にカナダは定員オーバーすることもあるほど人気。今回はそんな人気のカナダ ワーキングホリデー参加に向けての気になるビザ申請に関してちょっとした裏側をご案内いたします。

なんと定員オーバーになることがある!
カナダ  ワーキングホリデービザの申請は早めに!!

イギリスやアイルランドも同様ですが、カナダのワーキングホリデーはビザの発給数に限りがあります。つまり、1年の中で、ビザを取得できる人数が決まっているという意味です。

この、カナダのワーキングホリデービザ定員が2014年度は6,500名になります。

数年前には、5,000人の定員枠がビザ申請開始後なんと1ヶ月半で満員となったこともあるカナダのワーキングホリデー制度。昨年も12月後半には2013年の定員に達し受付が締切となりました。

渡航は先だし、まだいいかな…、なんて思っていると、いつの間にか締め切られてしまい、希望の渡航日に渡航が出来なかった!30歳だったから今年がラストチャンスだったのに、そのチャンスを逃した!なんて悲劇を生む可能性も…。カナダのワーキングホリデービザ申請は、早め早めを心がけましょう。

カナダ ワーキングホリデービザの申請は大変・・まだ留学前なのにAll English!

留学に踏み出す上で、ビザ申請は、大きな山場の一つですが、このカナダのワーキングホリデービザも、自身で申請を行うとなるとなかなか大変です。

その理由は・・・

① 申請には全て英語を読み解かなければなりません!これらから留学をして英語を勉強されていかれる方にはなかなか酷です・・・。

② 申請に関して分からない事が出てきた際の問い合わせ窓口が、なんとカナダにしかありません。メールか電話で問い合わせになりますが、メールで質問をする際や電話で問い合わせる際もすべて英語です。しかも、電話の連絡先はカナダのフリーダイヤルのみしかありません・・・。カナダ国外から申請をしなければならないのに、問い合わせ先がカナダ国内のみのフリーダイヤルしかないなんて・・・なんとも矛盾していますよね(笑)

③ カナダのワーキングホリデービザ申請はここ数年大幅に申請要綱が変更となっております。

常に最新の情報を集め、申請を行うのはなかなか大変です。

ビザ申請、間違えたらどうしよう…

こんなお話をしていると、留学に踏み出すことすら不安になってしまいそうですよね。

でも大丈夫!ワールドアベニューでは独自のノウハウ、そして過去の実績を駆使して、今まで多くのお客様のビザ申請をサポートさせていただいております。

ワールドアベニューでは毎日個別カウンセリングや学校スタッフなどを招いてセミナーを開催致しており、経験豊富な留学カウンセラーが、留学に関する様々な相談にものってくれます!

インターネットで情報を集めたものの、本当にビザが取得できるのか?と不安な方は、いつでもご相談下さい。

最新セミナー情報:

3月7日(金) 大阪開催 10時~/13時~
3月8日(土) 名古屋開催 10時~/13時~
※個別カウンセリングは10:00~19:00まで随時受け付けております。
お問合せは、フリーダイヤル 0120-623-385 営業時間11:00~21:00 木曜定休

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

Comments

comments

「海外留学」

のことなら何でもご相談下さい

ワールドアベニューでは、世界各国の海外留学プログラムをご紹介するだけでなく、海外教育機関と協力し、ワールドアベニュー限定プログラムを提供しています。興味をお持ちいただけた方は、まずはお気軽にご相談ください。