モデル・イラストレーター五島夕夏の      ワールドアベニュー留学相談体験レポート

シドニーから日帰り旅♪ 野生のペリカンに会える「ジ・エントランス」に行こう!

水田 真梨
この記事は私が書きました。

水田 真梨

一覧はこちら
水田 真梨
私が書きました。

水田 真梨

水田 真梨
この記事は私が書きました。

水田 真梨

一覧はこちら
オーストラリア留学 News

シドニーの北にあるセントラル・コーストという地域に、野生のペリカンの大群に会えるスポットがあることをご存知ですか? ペリカンというと動物園で見るものというイメージかもしれませんが、同地域の一部「ジ・エントランス」では目と鼻の先で、翼を広げたら2メートルともいわれるペリカンに出会えます。車ではもちろん、公共交通機関でもアクセスでき、休日にちょっと足を伸ばしてぶらり旅ができるジ・エントランスの様子をご紹介します!

セントラル・コーストってどこにある?

シドニー中心地から北へ車で約1時間半、電車とバスなら約2時間半の郊外にあるセントラル・コーストは、にぎやかな都会を離れてのんびりできる別荘地として有名です。美しいビーチと豊かな自然に加えてシドニーから日帰りできる距離という便利さもあって、ホリデーや週末のお出かけ先としても人気。シドニー市内のことはもう知り尽くしたから少し遠出がしたい!という人にもオススメです。
今回ご紹介するジ・エントランス(The Entrance)という街はセントラル・コーストの一角にあり、タゲラ・レイクという大きな湖と海とをつなぐ入り口のような場所に位置していることからジ・エントランスという名前で呼ばれるようになったそうです。

ペリカンの街、ジ・エントランス

シドニーから車で無料高速道路を走ること1時間半、ジ・エントランスに到着すると、広い公園の前には青く輝く海が!シドニーの海も非常にきれいですが、セントラル・コーストの穏やかな雰囲気はホリデー気分満点です。海沿いの歩道の敷石にはペリカンの絵柄があしらわれ、ここがペリカンの街であることを再確認。
ペリカンの餌付け(Pelikan Feeding)の場所に近い公共の駐車場に車を停め(1日停めていても無料だそうです)、隣にあるインフォメーション・センターで地図をもらい、ペリカンの餌付けショーは1日1回、15時からと教えてもらいました。日本では野生で見る機会のないペリカンですが、ジ・エントランスでは本当に見ることができるのでしょうか?

ペリカン・フィーディングはココ!

まずは場所を確認。この看板の出ている海沿いの場所が餌付けショーの会場です。毎日3時には観光客でいっぱいになるのだとか。ショー開始時刻までまだ時間があったのでお昼ご飯でも食べに行こうと辺りを見回していると…

いました!気の早いペリカンが1羽、既に会場の近くで水面に浮かんでいました。遠くの中州に見えるのは別の水鳥たちですが、ペリカンの大きさは遠目で見てもびっくりするほどでした。餌付けショーでは更に何十羽ものペリカンが集まるというので待ちきれません。
会場周辺にはカフェやレストランなどがたくさんあるので、ランチを食べる場所には事欠かないようでした。オーストラリアではこうした観光地にはフィッシュ&チップスのお店があるのも普通で、フライにする魚の種類が選べたり、ソースも各種用意されていたりします。ドリンクと一緒にテイクアウト(オーストラリアではテイクアウェイ)すれば、天気の良い日は公園でピクニック気分で食べるのも良いですね。

いざ、餌付けショー開始!

いよいよお待ちかねの15時、ボランティア・スタッフがショーの準備を始めると、どこからともなく大量のペリカンが1羽、また1羽と陸地に飛来してきました。翼を広げたその大きさは人間の大人と同じくらいで、翼をたたんで立っている姿も人間の子供くらいのサイズ。何十羽も集まるとその存在感たるや圧巻の一言で、見物に集まった人たちの本当にすぐ近くまでペリカンが来ていることにびっくりしました。

スタッフがマイクを握り、ペリカンの説明を始めると、当のペリカンたちはソワソワと餌の魚を待っているような反応で、観客からも思わず笑いがこぼれていました。スタッフがクーラーボックスから生の魚を掴み高く掲げると、ペリカンの首も思わず上へ伸び、魚を持つ手が左右へ振られるとペリカンの首も左右に揺れます。スタッフがあたかも舞台から観客をあおる歌手のように魚を持った手を動かすことでペリカンのウェーブが出来たり、魚を投げるフリをして隠すとペリカンたちは魚を探していたり、その愉快な反応に観客も大喜び。
ペリカンの群れの中に魚が投げ込まれると、ものすごい勢いで魚を奪い合い、クチバシにくわえてツルリと丸呑み。ペリカンの大きなクチバシに魚が吸い込まれていく様は迫力があります。ショーは20〜30分続き、見物客は写真を撮ったり、餌の魚を投げる役をやらせてもらうなど、大量のペリカンを前に大興奮の様子で楽しんでいました。
これだけ大型の鳥が野生状態で暮らすことができるのは、オーストラリアの自然が豊かな証ですね。

ジ・エントランスに行ってみよう!

普通の動物園だけでは味わえないオーストラリアの大自然の魅力を堪能するなら、セントラル・コーストはオススメの地区です。シドニーからジ・エントランスに到着する前にもトカゲやワニなどを集めた爬虫類園(Australian Reptile Park)、緑の美しいクーリンガイ国立公園など、休日のお出かけにぴったりのスポットがいろいろ。是非、ホリデーの計画を立てる際には参考にしてみてくださいね。

<セントラル・コースト観光サイト>
http://www.visitcentralcoast.com.au

<ジ・エントランス観光サイト>
http://www.theentrance.org.au

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

facebook シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

comments

「海外留学」

のことなら何でもご相談下さい

ワールドアベニューでは、世界各国の海外留学プログラムをご紹介するだけでなく、海外教育機関と協力し、ワールドアベニュー限定プログラムを提供しています。興味をお持ちいただけた方は、まずはお気軽にご相談ください。