モデル・イラストレーター五島夕夏の      ワールドアベニュー留学相談体験レポート

【真夏のシドニーをビーチで満喫しよう!Part I】~フェリーでぶらっとWatsons Bay(ワトソンズ・ベイ)~

Yuki
この記事は私が書きました。

Yuki

一覧はこちら
Yuki
私が書きました。

Yuki

Yuki
この記事は私が書きました。

Yuki

一覧はこちら
オーストラリア留学 News

皆さん、真夏のシドニーを十分に満喫していますか?夏といえば海。海といえば、、やっぱりオーストラリア!オーストラリアを楽しめる一番の季節はやっぱり夏しかない(私談)ということで、私がこの夏訪れたシドニーのとっておきのビーチを複数回にわたってご紹介していきたいと思います!(/・ω・)/☆

今回紹介するのは、Circular Quayからフェリーに乗って20-25分程で行ける綺麗で穏やかな観光名所Watsons Bay。シドニーCBDから約11km離れた北東部郊外にあり、シドニー湾の南側の入口であるSouth Headに位置します。シドニーにはサーフィンができる程の広大な海を持つビーチからひっそりとした湾も含めて100ヶ所以上はあると言われていますが、その多くを抑えて常にシドニー中のおすすめビーチランキングで常に上位にランクインしているのです。

My Recommendations I | 私のおすすめポイント 1

☆Circular Quayからフェリーに乗って綺麗な景色を見ながら向かおう☆
シドニーにある有名なビーチの多くはシティからバスで気軽に行くことができ、バスの本数も少なくないため、日本人にはあまりない「ビーチに気軽に行くことができる」という感覚を体験できるかと思います。その点Watsons Bayにはなんと、フェリーで気軽に行くことができてしまうのです!!

これまた日本で長年生活してきた私たちにとっては簡単に想像のつくことではないのですが、シドニーでは電車・バス・ライトレール(路面電車)に加えて、フェリーも立派な公共交通機関の一つとして使用されていて、主にCircular Quayから大きく分けて7路線あります。他にもManly BeachやDarling HarbourなどWharf(埠頭)がある地域はたくさんあり、それぞれ航路が限られている場所もあるので実際にフェリーを使われる際はあらかじめ目的地を基準にどのフェリーに乗るべきかを調べておきましょう。Watsons Bayに向かうフェリーは主にCircular QuayのWharf 2から出ています。
 
上の写真のフェリーは少々大きいタイプのものですが、小型のものでも屋内・屋外どちらも広々としているので自由に座席を選んでくつろぎながらちょっとした船旅を楽しむことができます♪休日は特に大勢の人が一気にフェリーに乗り込むため、前の方でフェリーを待っていないと自由に好きな座席を選ぶ余裕ななくなってしまうかもしれません。ですが、もしも余裕があるようでしたら是非外の席を取ることがおすすめです☆

Circular QuayといえばHarbour BridgeとThe Opera (^^♪ オペラハウスはここを少し先に進むと見えてきます。天気が良ければなおさら外の座席を取りましょう!日焼けが気になる方には少し酷かもしれませんが。。。でも、こんな綺麗な景色と観光名所が一望できるなんて目的地に着くまでにもう満足しちゃいます☆

外にいると体感できるのが意外にも結構出てるそのスピード。上の写真の白い水しぶきが物語っているようにフェリーはかなりのスピードで進むため、この水しぶきが座っている私たちにかかることもしばしば。

到着♪Wharfを見渡すとそこにはBondiやCoogeeといったあの広いビーチとは雰囲気の違う穏やかなビーチが広がっています。

 海水は見ての通りとても綺麗で透き通っていて、「化粧水?」と思えるくらいしっとりしています。

 今回私が行ったのは土曜日だったのですが、休日にも関わらずあまり人がいない、、、|д゚) 
実はWatsons Bayはこのビーチだけが人気なのではなく、このビーチ沿いを進んで住宅街を抜けたあたりから、South Head Trailという全長約1kmの散歩道があり、道中ではシドニー湾が一望できるほか、世界第二次大戦時に実際に使用されていた大砲の砲床や赤と白のポップなデザインが魅力的なHornby Lighthouse(灯台)があるので、Watsons Bayに訪れる人々全員が海水浴だけが目的ではないのです。ち・な・み・に!散歩道の途中にはLady Bay Beachというヌードビーチがあるんです |д゚) ストレスにもまれて何もかもさらけ出したくなった方は是非足を運んでみて下さい(笑)。
 私も初めてWatsons Bayに訪れたのは語学学校の遠足の時だったのですが、ビーチそっちのけで先生にSouth Head Trailに連れていかれたので、ビーチ目的で来た今回はとても新鮮で、自分の記憶以上にビーチ周りの景色が綺麗で感動しました。

My Recommendations Ⅱ | 私のおすすめポイント 2

☆綺麗な海を眺めながらFish and Chipsを食べよう☆
 
 私がビーチに行ったら必ずと言っていいほど食べるのがFish and Chips。オーストラリアで1番最初にシーフードレストランを開いたのがDoylesファミリー、そして開かれたのがここWatsons Bay。Watsons Bayはオーストラリアにおけるシーフードレストラン発祥の地であり、Doyles家が5世代にわたって今もなおレストランを切り盛りしているのです。良質で新鮮なシーフードを使った料理は格別!


 
 ビーチのすぐ裏にあるWatsons Bay Boutique Hotelの横にある建物がレストラン、Doyles on the Beachです。ロブスターや牡蠣がふんだんに盛り付けられたプラッターがおすすめのレストラン、お値段は張りますが誕生日などの特別なお祝い事や日本からシドニーに家族や友人を呼ぶときはおすすめです★

 そしてレストランだけでなくDoylesグループはWharf横にテイクアウェイのシーフードショップを構えています。

 Doyles Fishermans Wharfはテイクアウェイ専門のシーフードショップ。お店の横にはいくつかテーブルがあるので受け取ってすぐに海を眺めながら食べることも可能です。もちろんビーチの上で食べるのことができるのもテイクアウェイフードならでは☆
 そしてなんといってもここのFish and Chipsがおすすめ!!

   (左:Fish and Chips $13.8 右:Grilled Barramandi with chips and salad $18.8)
 
 「Fish and Chips」と頼むと左のように油で揚げられた白身魚とチップスのセットになったものが出てきます(サラダはついてきません)。Fish and Chipsより値段は上がりますがBarramundi(スズキ)、Flathead(コチ)、Whiting(タラ)など好みの魚を頼みたい場合は揚げるか焼くか選ぶこともできます ( *´艸`) なお、このテイクアウェイショップでは現金のみでしか支払いができないため現金でお金を用意しておきましょう(近くにATMはありますが手数料が発生する可能性があります)。

 テイクアウェイショップの横にはコーヒーのテイクアウェイショップもあるので食後のコーヒーも楽しむことができます♪

 休日を静かで落ち着いた雰囲気のビーチや海で過ごしたい方は、是非一度Watsons Bayに訪れてみてはいかがでしょうか?

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

facebook シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

comments

「海外留学」

のことなら何でもご相談下さい

ワールドアベニューでは、世界各国の海外留学プログラムをご紹介するだけでなく、海外教育機関と協力し、ワールドアベニュー限定プログラムを提供しています。興味をお持ちいただけた方は、まずはお気軽にご相談ください。