モデル・イラストレーター五島夕夏の      ワールドアベニュー留学相談体験レポート

甘い物は別腹!シドニーっ子の御用達スイーツ、トレンドから定番まで人気の味4種

水田 真梨
この記事は私が書きました。

水田 真梨

一覧はこちら
水田 真梨
私が書きました。

水田 真梨

水田 真梨
この記事は私が書きました。

水田 真梨

一覧はこちら
スイーツ4
オーストラリア留学 News

疲れた時、自分にご褒美をあげたい時など、甘い物が食べたいことって男女問わずありますよね。オーストラリアでもお気に入りのスイーツを見つけたい!という方のために、シドニーで最近増えているドーナツ専門店や、チョコレート、ジェラート店の他、ちょっと変わったアジア系スイーツの専門店も紹介します。今日のおやつやデザートに早速試してみては?

その①「アイスクリーム、ジェラート」

スイーツ1

夏でも冬でも、オーストラリア人はアイスクリームが大好き。通りにあるジェラート店に並ぶ各種ジェラートやソルベ(シャーベット)、アイスクリームを選んで、街を歩きながら食べるのも一般的。ジェラート片手に歩くビジネスマンなんかも見かけますし、老若男女問わず人気です。お店にもよりますが、オーストラリアの1スクープは大きめで結構食べごたえがあるように感じます。

スイーツ2

クリーミーなものから果実風味の濃厚なものまで、種類は実に様々です。シドニーでよく見かけるジェラート店は、シドニーのダーリングハースト発の「Messina(メッシーナ)」、シドニーシティ発の「Geratissimo(ジェラティッシモ)」などの全国区のチェーン店。アイスクリーム店では、日本で有名なサーティーワンはこちらでは「Baskin Robbins(バスキンロビンス)」と呼ばれ、他にもスイス発の「Movenpic(モーヴェンピック)」、オーストラリア生まれの「Royal Copenhagen(ロイヤルコペンハーゲン)」などが有名で観光地でもよく見かけます。

ちなみに、「ジェラートとアイスクリームって同じじゃないの?」と思うかもしれませんが、ジェラートはフルクリームの牛乳を使用、アイスクリームは生クリームを使用して作られているという決定的な違いがあります。また、ジェラートはアイスクリームより−13度も低い温度で提供するのが一般的だそうです。

その②「チョコレート」

スイーツ3

やはり男女問わず人気があるのが、チョコレートです。オーストラリア発のチョコレート専門店も多い他、カフェでは必ずホットチョコレートが売られ、スーパーマーケットでも板チョコ売り場には多様な種類が並びます。

イスラエルからやって来たチョコレートメニュー専門店「Max Brenner(マックスブレナー)」はオーストラリア全土に拡大中で、日本にも進出。ホットチョコレートやミルクチョコ・シェイクなどの飲み物の他、チョコレート・フォンデュ、上の写真のようなチョコづくしのサンデー(ガトーショコラにチョコアイス、チョコソース)、ワッフルなどが人気で、盛り付けも可愛くチョコ好きな人も大満足の味です。

その③「ドーナツ」

スイーツ4

最近シドニーでグングン店舗を増やした「Doughnut Time(ドーナツタイム)」は、ミントグリーンの外装がトレードマークのドーナツ専門店。特にオープンから、ドーナツタイムのグリーンの小箱を手に歩くオージーをたくさん見かけます。それまではオーストラリアでドーナツというと「Donut King(ドーナツキング)」というファストフード的な雰囲気のチェーン店のイメージが強かったのですが、ドーナツタイムは、パッケージや商品の可愛らしさからインスタグラムなどに投稿する人も多く、ドーナツをおしゃれなものとして売り出したことで注目されています。

スイーツ5ドーナツタイムの商品は日本で食べるドーナツの2倍くらいのサイズで、中にヌテラや塩キャラメルペーストがたっぷり入ったものや、チョコレートなどでデコレーションされたものまで、ケーキのような華やかさが魅力です。手土産にも喜ばれそうですね。

その④「アジアン・スイーツ」

スイーツ6

スイーツといえばアジア系の台頭も語らずにはいられません。一部のタイや韓国料理店で食べられる独自のかき氷スイーツや、日本の抹茶を使ったアイスやケーキなど、マルチカルチュラル(多文化)国家ならではの美味しいスイーツがオーストラリアにはたくさんあり、多くの人に受け入れられています。

シティで人気の「Meetfresh(ミートフレッシュ)」は、台湾スイーツの専門店。日本でもお馴染みのタピオカ(こちらでは、ブラックパールと呼びます)を使ったミルクティーや中華レストランにもある愛玉子(オーギョーチー)など、定番品と季節限定品を合わせるとかなりの数のメニューがそろっています。

スイーツ7中でもオススメは写真右のマンゴーを使ったかき氷。ふわふわした不思議な食感とマンゴーの程良い甘さがクセになる美味しさです。左は仙草ゼリー(ハーバルジェリー)という柔らかい黒い寒天のような台湾の伝統的なゼリーを使ったスイーツで、かなり日本人好みの上品な味でした。この他にも豆腐を使ったプディングや温かいスイーツなども充実しています。

さいごに

シドニーの人気スイーツ、いかがでしたか? 今回は多くの地域に出店しているお店をご紹介しましたが、もちろん個人経営のカフェやパティスリーが独自のスイーツを提供していたりもします。是非あなたならではの「ナンバー1スイーツ」を見つけてみてくださいね!

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

Comments

comments

「海外留学」

のことなら何でもご相談下さい

ワールドアベニューでは、世界各国の海外留学プログラムをご紹介するだけでなく、海外教育機関と協力し、ワールドアベニュー限定プログラムを提供しています。興味をお持ちいただけた方は、まずはお気軽にご相談ください。