モデル・イラストレーター五島夕夏の      ワールドアベニュー留学相談体験レポート

オーストラリアの「公式シンボル」いくつ知ってる?国旗、国歌から、国の花、動物、食べ物まで

水田 真梨
この記事は私が書きました。

水田 真梨

一覧はこちら
水田 真梨
私が書きました。

水田 真梨

水田 真梨
この記事は私が書きました。

水田 真梨

一覧はこちら
オーストラリア留学 News

留学や旅行で訪れる前に、オーストラリアのことをもっと詳しく知ってみませんか?意外と知らない国旗の由来や国歌のほか、花、食べ物、ナショナル・カラー(国の色)なんていうものも存在するんです。今回はそんなオーストラリアの「シンボル」をまとめてご紹介します。シンボルの意味を知ればオーストラリアの国の成り立ちや歴史が分かるはず。そして気になる「オーストラリアを代表する動物」は…?

オーストラリアの国旗


こちらはご存知の通り、オーストラリアの国旗です。左上にデザインされているのはイギリス国旗(ユニオンジャック)で、これはオーストラリアがイギリス国王(女王)を君主に戴く印。ニュージーランドの旗にもユニオンジャックがあしらわれていますね。
その下にある大きな白い星はコモンウェルススターまたは七稜星と呼ばれ、オーストラリア国内が6つの州と1つの準州で構成されていることを表しています。
右側にある模様は、南半球から見ることのできる星座「南十字星(サザンクロス)」です。オーストラリアに来たら是非、夜空を見上げて南十字星を探してみてくださいね。

オーストラリアの国歌

日本の国歌は分かるけどオーストラリアの国歌は……と思う方は、動画をご覧ください。五輪の表彰式などで聴いたことがあるかもしれませんよ。

オーストラリア国歌は「アドバンス・オーストラリア・フェア(Advance Australia Fair)」というタイトルで、その名の通り「美しきオーストラリアよ、前進せよ」というポジティブで力強いメッセージの込められた曲です。

オーストラリアの国花


オーストラリアを代表する花として定められているのがこの「ワトル(Wattle)」という黄色の花で、その輝くような色からゴールデンワトルと呼ばれることもあります。綿毛のような繊維のような細い花びらが無数についたピンポン玉くらいの花をつける低木で、庭木として植えられているほか、野生の状態でも見ることができます。
この鮮やかなワトルの花と葉の黄色と緑色は、ナショナルカラーとして、スポーツのオーストラリア代表選手のユニフォームなどにも使用されています。オーストラリアのイメージにぴったりの明るい色の組み合わせですよね。

オーストラリアの動物&鳥

オーストラリアの代名詞的な動物というとコアラとカンガルーですが、国を代表する動物として国章などに選ばれているのはカンガルーです。オーストラリアには固有の生物がたくさんいるのですが、その中でも「前進しかしない」ことを理由にカンガルーが選ばれたのだとか。
ちなみに、同じく国章に描かれているのがオーストラリア原産の鳥「エミュー」です。ダチョウに似た大型の鳥で、飛ばずに二足歩行をします。エミューも前進しかしないことから、国鳥に選ばれたそうです。
ちょっと眠たげな顔をした可愛らしい鳥なので、動物園に行ったら是非探してみてくださいね。

非公式シンボル

上記のようなオーストラリア政府が正式に認定している公式シンボル以外に、以下のような非公式シンボルもオーストラリアを代表するものとして認知されているようです。

オーストラリアの楽器

オーストラリアの先住民族アボリジニーの伝統的な楽器、ディジュリドゥ。写真は土産物店で売られているレプリカですが、ストリートパフォーマーとしてディジュリドゥの演奏をしている人を見かけることもあります。また、大きな式典などに本物のディジュリドゥ奏者が招かれて演奏を披露したり、ディジュリドゥ演奏のコンテストなども開かれています。
楽器の片方の先端に口をつけて演奏するその方法は、木管楽器より金管楽器のトロンボーンやチューバに近いそうです。ディジュリドゥが奏でるダブのような音楽は中毒性がありとても面白いですよ。

オーストラリアの食べ物


こちらは非公式にオーストラリアを代表する食べ物の1つと言われている「ミートパイ」です。街の中には「パイフェイス」という日本にも上陸したパイ専門店がありミートパイを販売しているほか、たいていのカフェのフードメニューにもありますし、スーパーマーケットに行けば冷凍食品コーナーにも売られているという実にポピュラーな食べ物。ちょっと小腹がすいたときに食べるホカホカのミートパイの美味しさは格別です。日本ではパイというとお皿に載せて食べるものですが、ミートパイは買ってそのまま手に持ってかぶりついてもOKですよ。

さいごに

今回はオーストラリアの「シンボル」をご紹介しました。せっかく海外で暮らすなら、その国のことをよく知っていればより身近に感じられ、現地の人ともっと交流を深められるかもしれません。オーストラリアについて学んで、自分らしい海外生活を楽しんでくださいね!

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

facebook シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

comments

「海外留学」

のことなら何でもご相談下さい

ワールドアベニューでは、世界各国の海外留学プログラムをご紹介するだけでなく、海外教育機関と協力し、ワールドアベニュー限定プログラムを提供しています。興味をお持ちいただけた方は、まずはお気軽にご相談ください。