モデル・イラストレーター五島夕夏の      ワールドアベニュー留学相談体験レポート

オーストラリアの音楽シーン、今何が熱い? ポップスからクラブ系まで「旬」なアーティスト6選!

水田 真梨
この記事は私が書きました。

水田 真梨

一覧はこちら
水田 真梨
私が書きました。

水田 真梨

水田 真梨
この記事は私が書きました。

水田 真梨

一覧はこちら
音楽アイキャッチ
オーストラリア留学 News

古くはAC/DCなどのヘヴィーなロックから、近年ではJETなどのバンドがオーストラリア出身ミュージシャンとして有名でした。では、最近は?と考えてもパッと出て来ない人のために、2016年に人気のある豪州出身アーティストをご紹介。「今流れてる曲、何?」と、同年代のオージーとの会話のきっかけにもなりそうです。ロック系だけでなく、バラード系のポップスやクラブミュージックまで多彩なシーンを、現地チャートや公演チケット売れ行き状況からチェックしてみましょう!

オーストラリアの音楽 ①Sia

音楽1今や押しも押されぬビッグシンガーとなったシーアもオーストラリア出身です。シルバーのおかっぱの髪型がトレードマークですが、近年のミュージックビデオやCDパッケージ、テレビ出演で彼女が素顔を出すことはなく、紙袋や顔を覆うウィッグをかぶっていたりするなどちょっと謎めいたシンガーとしても知られています。その代わり、ほとんどのビデオにはイメージキャラクターのように天才美少女ダンサー、マディー・ジーグラーが出演し、迫力の表現力でシーアの世界観を演出。
音楽的にはヒップホップやファンク、ソウルをベースにしたポップスやオルタナティブで、特に「シャンデリア」という曲は世界的に有名になったので聞いたことのある人も多いのでは。

オーストラリアの音楽 ②Flume

音楽2シドニー出身のイケメン・エレクトロアーティストといえばフルームが有名です。どこかキラキラ感のあるサウンドと印象的なメロディーは、世界のエレクトロシーンで大いに注目され、もちろんオーストラリアでも大人気。
今年出たアルバム「Skin」のツアーでニュージーランド、アメリカ、ヨーロッパをツアー中で、その人気は不動のものとなりつつあります。2012年のファーストアルバム「Flume」も今年のセカンドアルバムも、ともにオーストラリアのチャートで1位をマーク。まだ24歳という若さなので、今後も楽しみですね!

オーストラリアの音楽 ③The Veronicas

音楽3ザ・ヴェロニカズは、ブリスベン出身のリサとジェスの双子の美人姉妹ユニット。ポップなパンクやロックを歌い、どこかレトロな世界観のミュージックビデオも人気です。
2005年にオーストラリア、2006年にアメリカでデビューを飾り、2006年にはオーストラリアの年間最優秀ポップアルバム賞を受賞。
今年「In My Blood」というシングルがチャートイン。これは間もなくリリース予定の4作目のアルバムにも収録されるとのこと。

オーストラリアの音楽 ④Keith Urban

音楽4キース・アーバンはニュージーランド生まれ、オーストラリア育ちのカントリーシンガー。ギターの腕前も一流の国際的に人気の歌手です。さわやかな歌声でカントリーの枠に留まらないポップやロックのテイストの聴きやすい曲が多く、2009年の彼のアルバム「Defying Gravity」はアメリカのビルボード200でチャート初登場1位に。この年のキース・アーバンのコンサートツアーでは前座の1組としてテイラーも参加しました。
今年リリースされたアルバム「Ripcord」もオーストラリアのチャートで1位、アメリカで4位、カナダで3位を記録しています。
コカイン中毒に悩まされていた時期もありましたキース・アーバンですが、2005年に同じくオーストラリア出身の女優ニコール・キッドマンと結婚し現在も子供たちとともに幸せに暮らしているそうです。

オーストラリアの音楽 ⑤Delta Goodrem

音楽5美しくクールな歌声と美貌で人気の国民的歌手、デルタ・グッドレム。大人の女性、という魅力あふれるポップシンガーで、テレビのオーディション番組「The Voice」の審査員も務めるなどその実力は確か。今年7月に出たばかりのアルバム「Wings of the Wild」でも堂々のチャート1位を記録し、これは彼女の4作目の「チャート1位アルバム」となりました。
近年では超有名ミュージカル「キャッツ」のオーストラリア公演で主役としてその歌声と演技を舞台で披露するなど役者としても活動しています。ちなみに、シドニーの観光名所の1つ「マダムタッソー蝋人形館」には、デルタの蝋人形が飾られています。

オーストラリアの音楽 ⑥The Temper Trap

音楽6オーストラリアのメルボルン出身の4人組オルタナティブロックバンド、テンパートラップ。男性ボーカル、ドギー・マンダギの歌声は透明感にあふれ時に女性のように、時に力強く、印象的なバンドサウンドと合わせて空間的な広がりを感じさせます。
過去にはコールドプレイのツアーの前座を務めていたこともあり、今ではオーストラリアの英雄的バンドとして大人気です。現在はロンドンのレコード会社に所属しており、新作アルバム「Thick as Thieves」を発表したところ。オーストラリアチャートではもちろん1位に輝き、今年の発売記念の凱旋公演は、シドニーではチケット開始後即日ソールドアウトとなるほどの人気ぶりでした。

さいごに

オーストラリアの人気ミュージシャン、いくつ知っていましたか?ここでは紹介しきれないほど、オーストラリアには魅力的なアーティストがたくさんいるので、是非あなたのお気に入りを見つけてライブなどに足を運んでみてくださいね!

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

Comments

comments

「海外留学」

のことなら何でもご相談下さい

ワールドアベニューでは、世界各国の海外留学プログラムをご紹介するだけでなく、海外教育機関と協力し、ワールドアベニュー限定プログラムを提供しています。興味をお持ちいただけた方は、まずはお気軽にご相談ください。