モデル・イラストレーター五島夕夏の      ワールドアベニュー留学相談体験レポート

ホビットの村が実在していた!ニュージーランドにある知られざる美しい世界

masa osada
この記事は私が書きました。

masa osada

一覧はこちら
masa osada
私が書きました。

masa osada

masa osada
この記事は私が書きました。

masa osada

一覧はこちら
main
ニュージーランド留学 News

皆さんは、映画「ロード・オブ・ザ・リング」や「ホビット」を観たことありますか?

観たことがある方なら納得してもらえると思うんですけど、壮大なストーリーはもちろん、それと同じくらいあの幻想的な景色を収めた映像が凄いですよね。

 

もし「舞台となった場所に行ってホビット体験ができる」と言われたら行きくないですか? フロドやビルボが住んだあの家や村、さらには死闘を繰り広げた丘、エルフの隠れ家があった谷、そんな世界が南半球にある島国ニュージーランドには実在しているんです!

 

しかも、よくある「監督がこの景色にインスピレーションを受けて作った」とかではなく、「ロード・オブ・ザ・リング」や「ホビット」の全編がほとんどニュージーランドで撮影、そして編集されて世に飛び立って行きました

つまり本当にホビットの世界へ足を踏み入れることができるんです。

 

ホビットの舞台「中つ国」の玄関ウェリントン

「ロード・オブ・ザ・リング」や「ホビット」の撮影の中心地となったのが僕が住んでいる街ウェリントン(Wellington)です。

そしてウェリントンにあるウェリントン国際空港が、ロード・オブ・ザ・リングやホビットの舞台となった「中つ国」、英語だと「Middle Earth」の玄関として世界中の「ロード・オブ・ザ・リング」や「ホビット」のファンを迎え入れています。

 

例えば、空港でまずお出迎えしてくれるのがゴラムです。

 

image-01

 

さらにガンダルフも空からお出迎え。

 

image-02

 

そして最後空港を出るところにはホビットで出てきたスマウグの住処まで登場します。

 

image-03

 

これらすべてものすごいリアルです。
髪の毛や鳥の羽、そういったものが一つひとつしっかりと作られていて本当に今にも動き出しそうな感じがします。

 

よくある映画のプロモーション用に作られた人形とは、クオリティーが全然違うんですね。
それもそのはず。これらは実際に「ロード・オブ・ザ・リング」や「ホビット」を制作したスタジオ”Weta Studio”の制作部隊が作った、ある意味本物だからです。

でも、今回紹介したいのはここではありません。今回紹介したいのは実在するホビットの村「Hobbiton」です。

 

本当に実在するホビット村 Hobbiton

image-05
画像元:Hobbiton

 

上の写真。映画のワンシーンではありません。
CGでもなく、普通の1枚の写真です。そしてこの写真が撮られた場所がホビット村の”Hobbiton”です。

Hobbitonはニュージーランド最大の都市オークランドから車で2時間ほど南下したところにある街、Matamata(マタマタ)と言うちょっと変わった名前の街の近くにあります。

 

 

もともとマタマタは酪農の街で、周りにあるものといえば牧草地だけでした。

そこへ「ロード・オブ・ザ・リング」や「ホビット」を作った監督ピーター・ジャクソンが訪れ、彼が思い描いていたホビット村のイメージとピッタリ一致したことから、ここにホビット村が作られることになりました。

 

image-06
画像元:Hobbiton

 

その後、撮影が終わってもセットは解体されず、そのまま村として維持され、今では観光客で毎日賑わう一大観光スポットになったのです。今でもここにはホビットの家が30軒ほど残っています。

しかも専門の人が庭の花や作物などを一年中管理していて、本当にホビットが生活しているように作っています。つまりです、春に来れば花が咲き乱れる春のホビット村、秋に来れば落ち葉舞うホビット村、そしてもし冬に来て雪が積もっていたら、冬のホビット村と劇中でも見ることができなかったホビット村を体験できるんです。

スゴいですよね!

 

iamge-07
画像元:Green Dragon Inn

 

劇中に緑竜館(Green Dragon Inn)と呼ばれる宿兼バー(飲み屋)が出てきました。
ホビットたちが大きなジョッキを片手に、お酒を飲んだりテーブルの上で謳ったり踊ったりするシーンがあるんですけど、その緑竜館まで再現されています。その中で食事をするのはもちろん、地元で作られたビールを飲むことだってできちゃうんです

 

まさに本当のホビット村。

さらにここではネタバレになってしまうので、アレコレ書きませんけど撮影のトリックなどがここに行けば幾つかわかります。自分の持っていったカメラでも試すことができるので、自分たちがホビットになったような写真を撮って友だちを驚かせたら楽しいですね!

 

Hobbitonと合わせて見ておきたい幻想的な景色

ホビットの村Hobbitonへ行くには、自分で車を借りて行く以外にオークランドからのツアーに参加して行くこともできます。多くのツアーがHobbiton以外に「Waitomo Cave」と呼ばれる洞窟ツアーが含まれています

 

実はこの洞窟、ホビットとはまったく関係がないんですけど映画「天空の城ラピュタ」で使われたワンシーンのモデルになったと言われています。どんなところなのか写真をまず見てもらいましょう。

 

image-08
画像元:Waitomo Glow Worm Caves, #NewZealand

 

わかりました?

パズーとシータが洞窟の中に逃げていって、真っ暗な洞窟の中で突然飛行石が光りだすシーンです。同じ洞窟でパズーがパンの上に卵を乗せて美味しそうに食べるあの洞窟が”Waitomo Cave”です。

 

もちろんこの洞窟の石には飛行石は含まれていません!
ここWaitomo Caveには英語で”Glow worm”、日本語だと“土ボタル”と呼ばれる虫が生息していて、天井一面の至るところがボワーンと光っているんです。ツアーに参加すれば、この鍾乳洞の中をウェットスーツを着て探検し、さらにゴムチューブに乗って川下りをしながら最後にこの不思議に光る洞窟を眺めることができます。

 

この洞窟探検。ものすごく楽しいですよ!

2回ほど行ったことがあるのですが、この土ボタルが辺り一面で輝く光景はホントに大人も夢中になって楽しめます。大冒険気分。ホビット村とはまた違った映画のワンシーンを楽しむことができます。

 

ホビットの世界に浸れるニュージーランド

ニュージーランドには今回紹介したHobbitonのような観光地はもちろん、一見なにもないところが映画の撮影地になっていたりします。

例えば僕が住んでいる街ウェリントンの郊外にあるトレッキングのコースには、劇中でエルフの隠れ家があった場所裂け谷(英語でRivendell)の撮影地があるんです

 

image-10

 

森のなかを歩いていて突然こんなところに出くわしたらビックリしますよ!

 

image-09

 

他にも撮影地ではないんですけど、こんなところがニュージーランドにはたくさんあります。この写真は南島にある”Lewis Pass Tops”と言う峠に登った時に撮ってもらったものです。

 

ニュージーランドには国のいたるところで本当に撮影で使われた場所や、映画で使われていてもおかしくないような絶景があります。もう「ホビット」や「ロード・オブ・ザ・リング」の世界”中つ国”そのものと言っても過言ではありません。

こうやって書くと「ホビット」や「ロード・オブ・ザ・リング」を見たことがない人には楽しめない国と思われてしまうかもしれません。でも、そんなことはまったくありません。知らない人が100%楽しめて、知ってる人なら120%楽しめるのがニュージーランドです。

ぜひ一度、ニュージーランドに遊びに来てくださいね!

 

TOP画像元:Green Glow Caves in New Zealand

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

Comments

comments

「海外留学」

のことなら何でもご相談下さい

ワールドアベニューでは、世界各国の海外留学プログラムをご紹介するだけでなく、海外教育機関と協力し、ワールドアベニュー限定プログラムを提供しています。興味をお持ちいただけた方は、まずはお気軽にご相談ください。