モデル・イラストレーター五島夕夏の      ワールドアベニュー留学相談体験レポート
highschool3catch
英語の勉強法

中学校で文法と語彙をコツコツ学習し、それと並行しながら「使える英語」を意識し英会話スクールなどへ通った経験のある人なら、英語は「使ってこそ楽しい」ことを知っているはずです。そして順調に英語を生活に取り入れてきた高校生なら、英検準1級にそろそろ合格できるレベルに達しているかもしれません。

そこまでくれば、実際に使う場を想定しながら磨きをかけていけば、モチベーションもレベルもそこから更に上げていくことができます。いよいよ高校生としての仕上げ、そして英語人としてスタートラインに立つ準備ができてきました!

1. 使える英語はアメリカ英語?イギリス英語?

highschool3-1「上手な英語」とは、「ぺらぺら」なことでしょうか、「スラスラ」なことでしょうか。答えはずばり「誰とでもわかりあえるスタンダードな英語」です。スタンダードとは、地球上のどこか一箇所を基準にしないからこそのスタンダードです。アクセントを超越したところにある全世界共通語としての英語です。

ちなみに日本人が英会話に関して最もよく言うセリフに、「聞く方は何とかなるけど話す方が苦手」というのがあります。本当でしょうか。聞きなれた美しいアメリカ英語の、文法通りのお手本文章(しかもスロースピード)をヘッドフォンで聞き続けてはいませんか?

実際に話すのは、路上かもしれません。地下鉄の中かもしれません。相手は移民かもしれません。お手本のような英語を静かな環境で集中して聞く機会の方が圧倒的に少ないのが現実です。では教材レベルの英語が聞き取れるようになってからは、荒修行を重ねましょう!

このレッスン動画シリーズは、英語学習者御用達VOA Learning Englishのチャンネルのひとつです。この動画は「TALK2US」と題された英会話レッスン動画のうちのひとつで、このチャンネルでは世界各国に住む人々とアメリカ人講師とのスカイプ英会話レッスンの様子を紹介しています。

先生の話す英語はきれいなアメリカ英語です。そして生徒さんたちの英語はかなり訛りのある、まだまだ発展途上の英語です。生徒さんたちはそれぞれ自分の母語を持ち、英語を第二言語として学んでいるため、聞き慣れない発音でたどたどしく話す上、間違った表現も使います。この動画シリーズで学びたいポイントは二つです。
 

話す時に見習いたい点: 使われている単語が幼稚と言えるほど簡単なところ

難しい言い回しなど使わず、今持つ語彙を精一杯使いまわし、言いたいことを伝えています。背伸びをしない素朴な英語は決して「ハイレベル」ではありませんが、意思の疎通は十分可能で、気持ちのよいやり取りが交わされています。
 

聞く時に注意したい点: 雑音あり、中断あり、と相当聞きにくい英語を聞くところ

スカイプレッスンのため、回線事情により聞き取りにくいことも多々あります。だからこそ、実際にありがちな状況での会話を再現してあると言えます。路上や大講義室の中での会話はこういった騒音や雑音のなか行うことがほとんどです。

2. リスニングに更に特化するためのツール

highschool3-2一度外国人と話したことがある人なら、会話のネックはスピーキングだけではなくリスニングであることがわかります。文章を組み立てることに苦戦している人は、相手の言うことを理解できるかどうかにまで関心が向かないかもしれませんが、そもそも相手の言う意味がわからなければ、その会話をつなげることはできません。「思い浮かんだ日本語をうまく英語にできない」状態までたどり着かず、「何を言われているかわからないから答えようがない」状態でとまってしまいます。

リスニングを強化するためには、あらゆる速度で英語音声を聞くことも効果があります。使えるツールは語学学習に特化した機能のついたソニーのウォークマンです。
highschool3-3

ありがたい機能は三つあります。
 

速度調整機能

再生速度を0.5倍から2倍の間で調節できます。これだけならこの機能付きの他のプレイヤーでもできますし、機能がなくてもそれを補うソフトなども無料で手に入ります。ただウォークマンの場合は、再生速度を変更しても音声が不自然になりません。話し手が速度を変えているだけかのような自然な速度変更が可能です。
 

クイックリプレイ機能

ボタンを押すと3秒だけ戻って再生してくれます。聞き逃したときに非常に便利です。
 

ディクテーション機能

これは最新機能です。必須機能ではありませんが、どんどん進化していくソニーを象徴する機能です。

3秒再生したら3秒勝手に止まってくれます。音声が止まっている間に書きとめ、また音声を聞いて書きとめて、を続けます。この秒設定は3秒~30秒で自由に設定できます。実際にディクテーションをしたことがある人なら、音声のオンオフがいかに面倒か実感済みとは思いますから、ディクテーションが好きならこの機能は非常に便利です。

通常はこのような機能は、音声をゆっくりにして聞き取り学習していく人達のためにあるのですが、上級者は速度を速めて使います。ディクテーションも、シャドーイングも、速い速度に慣れましょう。

学習効果を高めるために、負荷の存在は欠かせません。純粋培養でピュアな英語力ではなく、逆境に強いフレキシブルな英語力を身に付けましょう。

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

Comments

comments

「海外留学」

のことなら何でもご相談下さい

ワールドアベニューでは、世界各国の海外留学プログラムをご紹介するだけでなく、海外教育機関と協力し、ワールドアベニュー限定プログラムを提供しています。興味をお持ちいただけた方は、まずはお気軽にご相談ください。