モデル・イラストレーター五島夕夏の      ワールドアベニュー留学相談体験レポート

オーストラリアのパブに行こう♪ビールの注文の仕方から、ロックアウト法、ビリヤードの遊び方まで

水田 真梨
この記事は私が書きました。

水田 真梨

一覧はこちら
水田 真梨
私が書きました。

水田 真梨

水田 真梨
この記事は私が書きました。

水田 真梨

一覧はこちら
オーストラリア留学 News

学校や仕事の後に軽く1杯、という時に知っておきたいのがその国ならではのスマートな注文方法や遊び方。グラスのサイズや会計方法、お得な注文の仕方、パブで出来る遊びから、入店の方法など基本的なことまで、事前に覚えておけば慌てることはありません。手軽に美味しいビールが飲めるオーストラリアで、パブ・デビューする人に役立つトピックをお届けします。

パブやホテルでお酒を飲もう♪

オーストラリアでお酒を飲む場所の代表格といえば、パブやホテル。「HOTEL」と看板が付いていても、実は宿泊施設ではなくお酒を飲むお店、ということがあります。実はこれ、遥か昔の禁酒法という法律があった時代に、「夜にお酒を提供して良いのは宿泊できる店(宿)だけ」と定められていたため、宿泊できるホテルを装ったパブが乱立したことの名残で、今も「ホテル」という名前のパブが沢山残っているのです。
そんなパブやホテルに入店する際、年齢確認のためにID(身分証明書)の提示を求められることがあります。オーストラリアでは飲酒は18歳から認められており、入店時に年齢を確認されることがあります。パスポートやオーストラリアの運転免許証、フォトカードのほか、生年月日入りの学生証などでも大丈夫な場合もあるようです。もしグループでパブに行っても、IDが無いと1人だけ入店できない、なんてこともあるので要注意。
ちなみに、入り口でのID確認の際に、カバンの中身(お酒や危険物の持ち込み)チェックもされることが多いです。

ビールのサイズは?

オーストラリアでビールを注文する場合、まずサイズについて知っておく必要があります。代表的なのサイズは以下の3種類です。
●グラス(200ml)
●スクーナー(425ml)
●ジャグ(1,140ml)
ただし、この呼び方はNSW州(シドニーなど)とQLD州(ゴールドコースト、ケアンズ、ブリスベンなど)の場合で、SA州(アデレードなど)やWA州(パースなど)ではスクーナーの代わりに「パイント」と呼びます。また、VIC州(メルボルンなど)ではスクーナーというと485mlと少し違うサイズになるそうです。なんだか混乱しそうですが、自分の住む地域のルールを一度覚えてしまえば問題なし。詳しくはお店や地元の人に聞いてみるのも良さそうです。
ビールの銘柄にもよりますが、シドニーシティーではスクーナー1杯が6〜7ドルくらいで、郊外に行くともっと安いお店も多いようです。

オーストラリアのパブでは写真のように専用タップ(=蛇口)から目の前でビールを注いでくれます。種類も多く選べるので、お店の人に好みのテイストを伝えてオススメを聞いたり、毎回いろいろなビールを試してお気に入りを見つけるのも良いですね。
ビール以外のお酒も充実しており、中でも「サイダー」というお酒はぜひ試してみてほしいです。日本ではサイダーというとノンアルコールの甘い炭酸水ですが、それはオーストラリアではソーダと言います。サイダーは、発泡性の果実酒でアルコールが弱めなのでお酒があまり強くない人にもぴったりです。リンゴや洋梨、ベリー類など、さまざまな種類のフルーティーなサイダーを楽しむことができます。

お得なジャグを注文♪

先ほど、ビールの注文サイズのところで登場した「ジャグ」というのは、日本の居酒屋などで言う「ピッチャー」のこと。1リットル以上という大容量でサーブされるので、いくつかグラスをもらって友達同士などで一緒に飲むのに良いですね。だいたい、スクーナー2杯〜2.5杯の値段でジャグ(スクーナー約3杯分)が買えるところが多い印象です。
写真のように、曜日・時間限定でジャグが10ドル!なんていうお得なメニューを用意しているところもあるので、賢く利用しましょう。サイダーをジャグで出しているお店もありますよ。

会計方法は?

オーストラリアでは、パブやホテルでは「カウンターで注文ごとに支払い」が常識。欲しいものをオーダーしたら、その場ですぐ支払いを済ませて商品を受け取る、ということです。いくら使ったかが逐一わかるので便利かもしれませんね。ちなみにレストランでは「各テーブルで会計」が一般的です。
パブやホテルではステーキやチップス(フライドポテト)、バーガーなど、おつまみだけでなく食事にもなる美味しいメニューを出しているところが少なくありません。フードメニューはオーダーしたら番号札をもらい、会計を済ませて席で待っていると出来たてを運んできてくれる、という仕組みです。

パブは大人の遊び場!

お店によってはビリヤード台やスロットマシーンを設置しているところもあります。ビリヤードをする時は、台そのものか壁にコインを入れるマシンが付いているので、お金を入れて台の番号を選択するというシステムです。シドニーだと1ゲーム2〜3ドルが相場。
ビリヤード台の数には限りがあるので、もし次の人が待っていたら譲り合うのがマナーだとお忘れなく。
また、たいていのパブでは大きなテレビ画面が設置され、フットボールやラグビーなどの大会がある日は日本のスポーツバーさながらに盛り上がるので、観戦目的で行くのも良いですね。

ルールを守ってお酒を楽しもう!

シドニーの例ですが、いくつかの地域で「お酒を飲むお店に入店できるのは1:30AMまで」というロックアウト法が適用されています。これ以降は新規入店が認められず、また1:30までに入店していてもラストオーダーは3AM。これ以降は、仮に朝まで開いているお店だとしてもお酒の提供はしてはいけないと法律で定められています。
この法律の適用エリアはキングスクロス、ダーリングハースト、コックルベイ、ザ・ロックス、ヘイマーケットという、パブの多い地域です。ただし、シドニー唯一のカジノ「ザ・スター」は適用外です。
このほかにも、州や地域ごとに異なるルールが存在しますので、きちんと知った上でオーストラリアのお酒の時間を楽しんでみてくださいね!

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

facebook シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

comments

「海外留学」

のことなら何でもご相談下さい

ワールドアベニューでは、世界各国の海外留学プログラムをご紹介するだけでなく、海外教育機関と協力し、ワールドアベニュー限定プログラムを提供しています。興味をお持ちいただけた方は、まずはお気軽にご相談ください。