モデル・イラストレーター五島夕夏の      ワールドアベニュー留学相談体験レポート

夏真っ盛り!オーストラリアの「日焼け止め」事情。紫外線は日本より強い!?

水田 真梨
この記事は私が書きました。

水田 真梨

一覧はこちら
水田 真梨
私が書きました。

水田 真梨

水田 真梨
この記事は私が書きました。

水田 真梨

一覧はこちら
オーストラリア留学 News

季節を問わず、日本よりもサングラスをかけた人を多く見かけるオーストラリア。おしゃれのため?と思いきや、強い紫外線から目や肌を守るために政府もUV対策を推奨しているのです。サマータイムの今は日照時間も長く、日焼け止めは必須アイテム。実際に日本とどんな風に違うのか、そしてオーストラリアでも肌に優しい日焼け止めクリームは売られているのか、「焼けたくない」という人が気になる情報をお届けします。

「焼く」VS「焼かない」

ビーチで過ごすのが気持ち良い季節のオーストラリアですが、肌の日焼けによるシミやシワなどが気になるという日本人の方も多いのではないでしょうか。ところが、現地オージーやヨーロッパ人は「日焼けしている肌(Tanned skin)の方がセクシーだからモテる」という認識が一般的なのだそうです。健康的なイメージを大切にするという違いですね。
しかし、肌をこんがり焼きたい人にも、日光浴をしたいという人に対しても、オーストラリア政府は健康面で警鐘を鳴らしています。オーストラリアの皮膚がん発生率は世界有数で、コーカソイド(白人)は特に罹患しやすい性質を持っているのだそうです。モンゴロイド(黄色人種)の日本人といえども皮膚がんを発症しないわけではないので、十分に注意する必要がありそうです。
実際にオーストラリアで暮らしてみて、紫外線が強いと肌で感じるシーンは多いです。少し日向にいるだけで肌がジリジリと焼けつくような感覚は、日本と比べて湿度が低いせいもあるかもしれませんが、熱中症などにも要注意だと感じます。
オーストラリアの中でも、特に赤道に近いダーウィンなどでは年間を通じて日本よりUV量が多いという記録が出ています。
<参考>WHO(世界保健機構)ウェブサイト
http://www.who.int/uv/intersunprogramme/activities/uv_index/en/index3.html

政府が推奨するUV対策

スマホアプリで天気予報(Weather Zone)を見ても、右下に必ず「紫外線に注意が必要な時間」が記載されています。この日は朝9:10〜夕方5:30。その間、具体的にどんなことに気をつければ良いのでしょうか?
オーストラリアでは紫外線による健康被害が深刻という考えから、以下のようなスローガンを作って小さな子供にも覚えやすい紫外線対策を推し進めています。

スリップ・スロップ・スラップ!

オーストラリアでは1980年代から、「Slip, Slop, Slap, Seek, Slide(スリップ、スロップ、スラップ、シーク、スライド)」という有名な紫外線対策の合言葉があります。キャンサー・カウンシル(Cancer Council)という皮膚がん防止の啓蒙に努めるNPO団体が打ち出したもので、もともとは「Slip, Slop, Slap」という短いものでしたが、後に必要な要素を更に足して、以下のようなスローガンにまとめました。
「Slip on a shirt(長袖シャツを着る), Slop on the 30+ sunscreen(SPF30+以上の日焼け止めを塗る), Slap on a hat(帽子をかぶる), Seek shade or shelter(日陰を探す), Slide on some sunnies(サングラスをかける).」
これを略したものが、「Slip, Slop, Slap, Seek, Slide」ということです。覚えておいてくださいね。
他にも、小学校などでは「No Hat, No Play(帽子無しなら遊びも無し)」というスローガンで、子供達の野外での遊びの際には帽子着用を義務付けています。

日焼けがDNAにダメージ?

ちょっと不気味で目を引く看板。これは今年NSW州政府が出している「UV can damage your DNA(紫外線は遺伝子にダメージを与えます)」というメッセージです。強い日の光から身を守らずにいると、メラノーマ(皮膚がんの一種)の原因を生み出す、ということをアピールしています。

こちらは先述のNPO団体キャンサー・カウンシルの昨年の看板。「Hello sunshine, gotcha covered(こんにちはお日様、さぁカバーしよう)」というメッセージとともに、同団体が販売している日焼け止め製品(普通のファーマシーで購入可)の売り上げが皮膚がん研究などの資金に使われると明記されています。
こうした看板が街中で見られるほど、紫外線との付き合い方はオーストラリアでは大きな課題なのです。 

どんな日焼け止めがある?

日本でもおなじみの「ニベア」。日やけ止めクリームを始め、ニベア製品はオーストラリアでも手に入ります。値段も手頃なので、試しに買ってみるのにも良いですね。

スキンケア・ブランド「ニュートロジーナ」は、普通のクリーム・タイプとスプレー・タイプの日焼け止めをラインナップしています。とてもポピュラーなブランドで、どこのファーマシー(ドラッグストア)でも購入でき、使用感も軽い感じです。スプレーは使いやすいですが、塗り残しが出来やすいのが玉にキズなので、日中の塗り直し用に使うと便利かもしれません。
他にもたくさんのブランドから日焼け止めクリームが出回っていますし、UVカット効果のあるBBクリームやファンデーション、ポンプ式のシャンプーサイズのものなどもあるので、上手に活用して日焼けを防ぎましょう。

今日から対策!

日本では日焼け止めというと女性が夏場にするものというイメージがありますが、ここオーストラリアでは男性も子供も日焼け止めが必須です。髪や頭皮も紫外線で傷つきますので、ぜひ帽子などでしっかり保護してくださいね。そして暑い日は外で長時間にわたり日に当たることをできるだけ避けましょう。
日焼け防止のポイントを押さえて、快適なオーストラリア生活を送ってくださいね!

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

facebook シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

comments

「海外留学」

のことなら何でもご相談下さい

ワールドアベニューでは、世界各国の海外留学プログラムをご紹介するだけでなく、海外教育機関と協力し、ワールドアベニュー限定プログラムを提供しています。興味をお持ちいただけた方は、まずはお気軽にご相談ください。