モデル・イラストレーター五島夕夏の      ワールドアベニュー留学相談体験レポート

シドニーで何食べる?第十二弾〜 コリアン・タウンの「The Bulgogi」で本場の絶品韓国料理〜

水田 真梨
この記事は私が書きました。

水田 真梨

一覧はこちら
水田 真梨
私が書きました。

水田 真梨

水田 真梨
この記事は私が書きました。

水田 真梨

一覧はこちら
%e9%a3%9f%ef%bc%91%ef%bc%92%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81
オーストラリア留学 News

世界中からの移民が住むシドニーでは、街ごとに各国のコミュニティーができている場合があります。イタリアン人街、ポルトガル人街、ベトナム人街など、そんなさまざまな地域の中から今回訪れたのは、韓国系移民が多く暮らすストラスフィールドという街のレストラン「ザ・ブルゴギ」。韓国式の焼肉、冷麺、ビビンバなど、現地に暮らす韓国人もオススメの美味しさをたっぷりご紹介します。

シドニーのコリアンタウン「ストラスフィールド」へ行ってみよう!

%e9%a3%9f%ef%bc%91%ef%bc%92%e2%88%92%ef%bc%91

シドニーのセントラル駅から東へ、電車に揺られ約30分のStrathfield(ストラスフィールド)。駅前のストリートを歩くとハングル文字の看板がたくさん並ぶこの街は、シドニーのコリアン・タウンとして有名な場所です。
韓国系の移民が多く住んでいるため、韓国食材を扱うスーパーマーケットや手頃な韓国コスメの専門店、美味しい本場の韓国料理が食べられるお店がずらり。特に飲食店は、トッポギ専門店や韓国風のダンプリング(餃子)のレストランなど、屋台フード的なものから本格的なものまでなんでも揃い、美味しいもの好きにはたまらないはず。
今回は、韓国焼き肉が美味しいというレストランに行ってみました。

その名も「ザ・ブルゴギ」

%e9%a3%9f%ef%bc%91%ef%bc%92%e2%88%92%ef%bc%92

日本食のことは日本人、韓国料理のことは韓国人に聞こう!ということでソウル出身の友人に連れられて行ったのは「The Bulgogi(ザ・ブルゴギ)」という名前のお店。日本でなぜか「プルコギ」の名前で呼ばれる肉と野菜の炒め物の韓国名が、この「ブルゴギ」なのだそうです。
広々とした店内は焼き肉の美味しいにおいでいっぱい。まず席に案内されたら、荷物や上着は収納型スツールの中へ入れる、というのがコリアン・スタイルだそうで、たしかに椅子の座面が外れて中は空洞。そこに荷物を入れておけば食べ物のにおいがついてしまうこともなく便利ですね。

韓国焼き肉でお腹いっぱい♪

%e9%a3%9f%ef%bc%91%ef%bc%92%e2%88%92%ef%bc%93

今日は焼き肉!と決めていたので、焼き台のあるテーブルに案内してもらい、さっそくオーダー。肉の種類は基本的に日本の焼き肉店と同じ印象で、もちろん野菜もあります。少し辛い味噌ダレと、塩+ゴマ油が用意され、おかげで飽きずにいくらでも食べられてしまいそうです。焼けた肉はご飯と一緒にサンチュの葉に載せ、タレも一緒に包んでパクッと豪快にいただくのが美味しいですね。
この「ザ・ブルゴギ」は韓国焼き肉店の中でも値段とクオリティーのバランスが良い店なのでオススメです。

サイドディッシュはお代わり自由!

%e9%a3%9f%ef%bc%91%ef%bc%92%e2%88%92%ef%bc%94

肉が焼ける香ばしいにおいとジュージューと肉汁のしたたる音でお腹がペコペコ…と思っても、韓国料理といえば前菜の小鉢が充実しているので安心です。
本場・韓国にあるレストランと同じように、オーストラリアの韓国料理店で食事(メインディッシュ)をオーダーすると、ほとんどの店で3〜5種類くらいの小鉢が自動的に付いてくるんです。キムチや野菜のナムル、マカロニサラダ、煮物など、ちょっとした箸休めになる上、なんとお代わり自由というのが本場式。オーストラリアではお代わりは自由でない店もあるようですが、韓国人からすると「当たり前のサービスをしていない店」と感じるそうです。国によって異なる習慣やサービスを知ることができるのも、多国籍国家オーストラリアの良さですね。

韓国風の茶碗蒸し?

%e9%a3%9f%ef%bc%91%ef%bc%92%e2%88%92%ef%bc%95

今回初めて食べたのが、この「ケランチム」というメニュー。ふんわりと出汁の味がして、日本の茶碗蒸しに似たテイストなのですが、日本のものがつるんとした食感なのに対してケランチムはしっとりしつつもフワッとした柔らかい口当たり。スチームしてあるよ、と韓国人の友人が言っていたので、作り方も似ているのかもしれません。日本と韓国はお隣同士、文化的にも近いルーツを持っているのかも、ということを食文化を通しても感じることができます。食を通した国際交流も、オーストラリアらしい海外生活の方法かもしれません。

シドニーのコリアン・タウンにある「The Bulgogi」に行ってみよう!

%e9%a3%9f%ef%bc%91%ef%bc%92%e2%88%92%ef%bc%96

家族連れにも人気のザ・ブルゴギは、明るい雰囲気で初めての人でも入りやすい店。今回ご紹介したほかにも冷麺やビビンパなどメニューの種類も豊富なので、オールシーズン行きたくなりそうです。ストラスフィールドの街を散策しつつ、ぜひ一度食べに行ってみてくださいね。

<The Bulgogi公式サイト>
http://thebulgogi.com.au

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

Comments

comments

「海外留学」

のことなら何でもご相談下さい

ワールドアベニューでは、世界各国の海外留学プログラムをご紹介するだけでなく、海外教育機関と協力し、ワールドアベニュー限定プログラムを提供しています。興味をお持ちいただけた方は、まずはお気軽にご相談ください。