モデル・イラストレーター五島夕夏の      ワールドアベニュー留学相談体験レポート

【オーストラリアのお菓子】チョコ、チップス、アイスクリームなどオススメ6選+1♪

水田 真梨
この記事は私が書きました。

水田 真梨

一覧はこちら
水田 真梨
私が書きました。

水田 真梨

水田 真梨
この記事は私が書きました。

水田 真梨

一覧はこちら
%e3%81%8a%e8%8f%93%e5%ad%90%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81
オーストラリア留学 News

スーパーマーケットにはチープで美味しいお菓子がたくさん売られていて目移りしてしまうほどですが、初めて買う製品は「どれが美味しいの?」と悩んでしまうかもしれません。そこで、オーストラリアで一般的に人気のあるチョコレートやポテトチップス、ビスケットなどの他、日本には無いちょっと変わったお菓子までをご紹介。お土産にも喜ばれること間違いなしなので、お買い物の参考にしてみてくださいね。

オーストラリアのお菓子①スネーク

%e3%81%8a%e8%8f%93%e5%ad%90%ef%bc%91

これ、何?とオージーに尋ねると「スネークだよ」と言われます。袋を開けてみると7センチくらいの紐状のカラフルなお菓子で確かにヘビっぽいです。食感はグミに近いですがグミほどの弾力は無く、日本に昔からある固形のゼリー菓子にも似ていますがそれほど柔らかくもなく……なんとも形容しがたいですが、子供から大人まで人気のお菓子の1つでたくさんのフレーバーがある他、紐状でないものも。この手のお菓子を総称してジェリーロリー(Jelly rolly)と呼ぶこともあるようです。
写真の「The Natural Confectionery. Co」のシリーズは、人工甘味料・人工着色料を不使用で作られており、添加物が少ないので安心して食べられます。意外かもしれませんが、オーストラリアは健康志向の人も多いので、ごく普通のスーパーマーケットでもこうした体への負担に配慮した製品が簡単に手に入るのが良いところです。

オーストラリアのお菓子②チョコレート

%e3%81%8a%e8%8f%93%e5%ad%90%ef%bc%92

ミルク系のチョコレートが好きな人にオススメしたいのが、イギリス発のチョコレートメーカー、キャドバリー(Cadbury)の製品。オーストラリアの製品は「キャドバリー・オーストラリア社」によって作られています。ご覧の通りフレーバーも多彩で、アーモンド、塩キャラメル、ペパーミントなどの他、ジェリーポッピング(グミ)やオレオビスケットが入ったものまで実にさまざま。
ビター系のチョコレートが好きな人は、スイス発のリンツ(Lindt)がいいかもしれません。こちらもスーパーで手軽に買えて、特にダークチョコの味のレンジが広く、パッケージも少し大人っぽいイメージです。
ちなみに、板チョコは英語だとBlock chocolateと言います。

オーストラリアのお菓子③ティムタム

%e3%81%8a%e8%8f%93%e5%ad%90%ef%bc%93

オーストラリアに到着する前から、ティムタム(Timtam)を知っている人は多いかもしれません。オーストラリアを代表するチョコレート菓子の1つで、日本でも輸入食品店などで売られているようで、定番はオリジナル(ミルクチョコ)、クラシックダーク、ホワイトチョコ、キャラメルなど。ただし、他にもオーストラリアでしか買えないフレーバーもあるんです。
写真のチョコバナナ味は、オーストラリアのスーパー「コールス」の限定品。他にも、シドニーの人気パティシエ、アドリアーノ・ズンボとのコラボ商品などもあり、どれも濃厚な味わいでコーヒーにぴったり。日本へ帰国する際のお土産にしても喜ばれそうですね。

オーストラリアのお菓子④アーノッツのビスケット

%e3%81%8a%e8%8f%93%e5%ad%90%ef%bc%94

ティムタムと同じ「アーノッツ社」(Arnotts’)は、ビスケットのラインナップも充実しており、オーストラリアの定番です。写真のような赤いパッケージはクリームなどのフィリングが入ったもの、白いパッケージはマリービスケットやバターたっぷりのショートブレッドなどシンプルなもの。種類がとても多いので、自分の一押しの味をぜひ探してみてくださいね。
ちなみにこのアーノッツ社、1865年から約150年もオーストラリアで愛され続けているという歴史ある会社です。

オーストラリアのお菓子⑤ポテトチップス

%e3%81%8a%e8%8f%93%e5%ad%90%ef%bc%95

甘いものだけでなくそろそろしょっぱいものも…と思った方、安心してください。オーストラリアにもおいしいポテトチップスがたくさんあります。ポテト以外にもコーンや穀類でできた食べ応え満点の製品がたくさんあり、総称して「チップス」と呼びます。
上の写真はクラシックなパッケージが目を引く、オーストラリアの定番チップス。どこのスーパーにも必ず置いてある「The Natural Chip Company」の製品で、シーソルト、ソルト&ビネガー、ハニーソイ・チキン、BBQなどのフレーバーがあります。
他のメーカーだとチーズ系や、サワークリーム、チリなどのフレーバーもよく見掛けます。

オーストラリアのお菓子⑥アイスクリーム

%e3%81%8a%e8%8f%93%e5%ad%90%ef%bc%96

オーストラリアはもうすぐ夏、ということでアイスクリームが美味しい季節です。ラクトアイスのようなライトなものから、専門店で食べるリッチな味わいのものまで、スーパーでも実にたくさんのアイスクリームが売られています。写真のコノサー(Connoisseur)は、グルメな方にオススメしたいリッチ系アイスクリーム。フレーバーは、チョコレートブラウニー、ラズベリー&ホワイトチョコ、塩キャラメル&チョコがけヘーゼルナッツ、キャラメルハニー・マカダミアの他、抹茶&ホワイトチョコ・ワッフルコーンなどで、バーとタブ(大型カップ)の両方で売られています。1箱だいたい8ドルくらいするのですが、日本のハーゲンダッツなどのカップアイスを思えば、割高ではないかもしれません。また、スーパーでは頻繁にセールが行われており30%オフや半額で買えるチャンスがあるので、コノサーの黒いパッケージをお見逃しなく。

さいごに

%e3%81%8a%e8%8f%93%e5%ad%90%ef%bc%97

スーパーで目にする「リコリス」は日本ではあまり馴染みがないお菓子です。スペインカンゾウという生薬を使った黒いグミのようなお菓子ですが、少し漢方薬のような不思議な味がします。日本人はこの味が苦手という人が多いようですが、中には気に入ってよく買う、という人も。ちょっと冒険してみたい!という時にお試しあれ。
オーストラリアでは日本よりお菓子の製品数が多くないように見受けますが、美味しいものもたくさんあるので、3時のおやつなどにぜひ色々な種類を食べてみてくださいね。

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

Comments

comments

「海外留学」

のことなら何でもご相談下さい

ワールドアベニューでは、世界各国の海外留学プログラムをご紹介するだけでなく、海外教育機関と協力し、ワールドアベニュー限定プログラムを提供しています。興味をお持ちいただけた方は、まずはお気軽にご相談ください。