モデル・イラストレーター五島夕夏の      ワールドアベニュー留学相談体験レポート

シドニーを楽しむイベント⑤ 2年に1度だけの「ビエンナーレ」で現代アート三昧!

水田 真梨
この記事は私が書きました。

水田 真梨

一覧はこちら
水田 真梨
私が書きました。

水田 真梨

水田 真梨
この記事は私が書きました。

水田 真梨

一覧はこちら
ビエンナーレ7
オーストラリア留学 News

この秋、200点にも上るアーティスト作品が集結する、ビッグな無料アート展「ビエンナーレ・オブ・シドニー」が6月5日まで開催中です。オーストラリアだけでなく、世界各地の注目の現代美術作品がシドニーの美術館やギャラリー、野外などにたくさん展示され、観る人に様々な刺激を与えてくれます。アートに詳しくなくても楽しめる作品が満載の今回のビエンナーレ。2年に1度しか開催されないイベントなので、見逃さないで!

シドニー市内、複数の会場で同時開催!

ビエンナーレ1「ビエンナーレ・オブ・シドニー(Biennale of Sydney)」は、3月中旬から6月上旬まで約2ヶ月半という長い会期に渡り、全16ヶ所の会場で同時開催されています。入場はなんと、全て無料。以下、いくつかの会場を回って撮影した写真と共に作品や会場の雰囲気をご紹介します。尚、オーストラリアでは特別な注意がある場合を除き、アート作品の写真撮影が許可されています。
 

オペラハウスを臨むMCA(現代美術館)

ビエンナーレ2サーキュラーキー駅(オペラハウスの最寄駅)から徒歩2分という絶好のロケーションに建つMuseum of Contemporary Art Australia(通称MCA)の一部のフロアも、今回のビエンナーレの会場になっており、10人のアーティストによる複数の多様な作品が展示されています。
上の写真はダニエル・ボイドというオーストラリアの有名アーティストの絵画。たくさんの点が集まって1つの顔になっているようなこのペインティングを合わせて6点が今回のビエンナーレのために描きおろされ、大胆ながらどこか切ないノスタルジーを感じさせるような作品が特徴です。
 

廃墟の島、コカトゥーアイランド

ビエンナーレ3元倉庫のような巨大な建物いっぱいに展示された宇宙空間のようなアート作品。こうした大胆なスケールの作品を見られるのもビエンナーレの醍醐味!

サーキュラーキーのワーフからフェリーで20分行ったところにあるCockatoo Island(コカトゥー島)は昔、刑務所や軍事産業のための造船場があった場所で、囚人遺跡群として世界遺産にも指定されている歴史的な場所です。今回のビエンナーレでは、そのコカトゥー島に残された建物を使ってアート作品を展示しています。
 
ビエンナーレ4島の別の建物の広い一室では、天井から垂れ下がるカラフルなタペストリーと一緒に生身の人間も作品の一部に!演劇のようなセリフを読みながら、3人が不可思議な会話を繰り広げたり踊り歩いたり。そのユニークな光景に立ち止まってしまうこと間違いなしです。
 
ビエンナーレ5また別の空間では、高い天井から吊るされた無数の振り子が部屋中を埋め尽くすように揺れています。しかも、その振り子の間を歩くことが出来、まるで自分までが機械の部品になったような不思議な感覚を味わえます。
 

建物も美しいNSW州立美術館

ビエンナーレ6現代アートの形式は実に自由で、絵画や彫刻だけでなく、こうした映像作品のように観ている間に動いたり変化したりするインスタレーションという形式も多く用いられます。
この作品が展示されているのは、サーキュラーキーからも徒歩圏内のArt Garelley of NSW(NSW州立美術館)は、開館から100年以上も経つ歴史あるミュージアム。国内外の作品の常設展に加え、ビエンナーレの作品も多数展示しています。
 
ビエンナーレ7NSW州立美術館に入ってすぐの所に展示されているこの作品は、毛糸で出来たクッションのように見える不思議なオブジェです。思わず写真に撮りたくなる可愛さですね。
 

その他の展示場所

ビエンナーレの展示場所は他にもあり、レッドファーンにあるキャリッジワークスやウルムルのアートスペースなどのギャラリーはもちろんのこと、公園、路上、廃墟の建物など実に様々。そんな自由さも実に現代アート展らしい催しです。その場所の雰囲気に合う作品を楽しめるので、是非お気に入りの会場・作品を見つけてみましょう。
ビエンナーレの公式サイトから「EMBASSIES」を選択すると、各会場の紹介をチェックすることができます。今回、各会場には「Embassy of ◯◯」という名前がそれぞれ着けられ(例:コカトゥー島はEmbassy of Real)、展示作品や作家のテーマ・作風を象徴しています。会場名を参考に、直感で観たい会場を選んでみるのも面白いかもしれませんね!

<ビエンナーレ・オブ・シドニー公式サイト>
https://www.biennaleofsydney.com.au/20bos/

さいごに

ビエンナーレ(biennale)はイタリア語で「2年に1回」、トリエンナーレ(triennale)は「3年に1回」を意味する言葉で、シドニー以外にも世界各地でこうした名前の展覧会が開催されています。つまり次回のビエンナーレ・オブ・シドニー開催は2年後、2018年の予定。次のチャンスまで待ちきれない!という方は、ぜひ今回足を運んでみては?今回の開催は6月5日までです。
公式サイトの他、ツイッターやインスタグラムでも、おしゃれな写真や動画と一緒に展示のビエンナーレ・オブ・シドニーの詳細や特別イベントの情報が見られるので、参考にしてみてくださいね!

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

Comments

comments

「海外留学」

のことなら何でもご相談下さい

ワールドアベニューでは、世界各国の海外留学プログラムをご紹介するだけでなく、海外教育機関と協力し、ワールドアベニュー限定プログラムを提供しています。興味をお持ちいただけた方は、まずはお気軽にご相談ください。