モデル・イラストレーター五島夕夏の      ワールドアベニュー留学相談体験レポート

これであなたもオージーイングリッシュが喋れる!オーストラリア英語を学ぼう!

Nozomi
この記事は私が書きました。

Nozomi

一覧はこちら
Nozomi
私が書きました。

Nozomi

Nozomi
この記事は私が書きました。

Nozomi

一覧はこちら
koala-446876_1280
オーストラリア留学 News

クッダイ マイト!!

皆さんこの英語を聞いた事があるでしょうか。
オーストラリアの英語を表現する有名な英語の言い回しです。オーストラリアはイギリス英語を基盤としており、独特のアクセントや言い回しがあります。オーストラリアではAをアイと発音する傾向があり、その代表として有名なのがGood Day, Mate!(グッダイ マイト)です。

ただ、実際のオーストラリア人は近年ほとんどこの言い回しを使うわけではなくHi,やHello等が米国のように一般的な挨拶として使われています。オーストラリアの英語はこの言い回しのイメージから訛りがある、聞き取りにくいと言われていますが、実際はそこまでアメリカやカナダの英語と大きな違いはありません。

しかし、イギリス英語をベースとしている為、単語の使い方や、表現、スラング等オーストラリア独特な物がありますので本日は、オージー(オーストラリア)イングリッシュとアメリカ英語の違いと役に立つ表現を紹介出来たらと思います。

アメリカ英語とオーストラリア英語の違い

英語にはひとつの意味に複数の単語が存在し、場面によって使い分けないといけない事が多くなってきます。また、国によっても同様でアメリカ英語とオーストラリア英語でもひとつの意味に対して使う英語が異なってきます。

アメリカ英語とオーストラリア英語の違い

留学経験者が就職活動で陥りやすいワナ-画像②_02

映画
アメリカ英語⇒Movie
オーストラリア英語⇒Film

エレベーター
アメリカ英語⇒Elevator
オーストラリア英語⇒Lift

ゴミ
アメリカ英語⇒ Garbage
オーストラリア英語⇒Rubbish

お休み
アメリカ英語⇒Vacation
オーストラリア英語⇒Holiday

携帯
アメリカ英語⇒Celle phone
オーストラリア英語⇒Mobile

燃料
アメリカ英語⇒Petrol
オーストラリア英語⇒Fuel

等、国によって使いわける単語が異なってきます。
もちろん米国に行って通用しない事はないので、各国の英語の違いとして覚えていきましょう!話す人の出身によって使い分ける事が出来たら素晴らしいですね!

これを覚えておけばリアルオージーに近づく??オーストラリア英語のスラング

続いてオーストラリア人が良く使う独特な表現を紹介して行きます。

BBQ⇒Barbie バービー
Afternoon⇒ Arvo アーボ
Cup of Tea ⇒Cuppa カッパ
Breakfast ⇒Breakky ブレッキー
Vegetable⇒Veggie ベジー
Comfortable(心地よい)⇒Comfy コンフィー

等、私も留学中に上記のようないわゆるオージースラングという物を学びました。

また、アメリカでは一般的に乾杯の意味として使われるCheers!という単語ですが、オーストラリアでは有難うの意味としても使われます。またThank youを省略して「Ta!!(ター)」と使うのもオーストラリア独特です。

私が一番印象に残ったオージースラングは人に奢る際に使う「Shout(シャー)」という表現です。一般的にはI treat youやIt’s on me等の表現が有名ですが、オーストラリアではI shout youのように使います。

授業では習わない英語表現、今から覚えて現地のオーストラリア人を驚かせましょう!!

オーストラリア英語に慣れる方法は?

4

今まで義務教育でアメリカ英語をベースに学習していた私たちは上述した表現やAをアイと発音する英語に親しみがないかもしれません。せっかく留学するのであれば、良いスタートを切る為にもオーストラリアの英語もスムーズに聞き取れるようになっているのがベストです!

渡航前からオージーアクセントを学ぶのにお勧めなのがこのサイトです。

ABC News Radio
http://www.abc.net.au/newsradio/

挿入画像1

オーストラリアのニュースをこのサイトからラジオとして聞く事が出来ます!なかなか映画やドラマで学ぶ機会がないので、渡航前から日常的にオージーアクセントに慣れて行きましょう!!

国が違えば話される英語や言い回しも異なってきます。オージーイングリッシュはどうしても訛りがあるという風に言われがちですが、ABC News Radioを聞いていただけたら分かるように実際はそんな大きな訛りはありません。私も一年留学していましたが自分の英語が帰国してから訛っているなど言われた事もありませんし、現地のオージー達が話す英語もイギリス英語をベースとしているので丁寧な表現も多く、慣れてしまえばとても聞き取りやすかったです。また、オーストラリアでは移民、留学生が多い為オージーアクセント以外の英語も学ぶ事が出来る為まさにグローバルイングリッシュが身につく環境!グローバル化が進む昨今、このようにひとつの国のアクセントだけではなく世界中で話される英語を理解出来る英語力が必要となって来ます。

皆さんもオーストラリアのようなグローバルな環境へ一歩踏み出しましょう!

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

Comments

comments

「海外留学」

のことなら何でもご相談下さい

ワールドアベニューでは、世界各国の海外留学プログラムをご紹介するだけでなく、海外教育機関と協力し、ワールドアベニュー限定プログラムを提供しています。興味をお持ちいただけた方は、まずはお気軽にご相談ください。