モデル・イラストレーター五島夕夏の      ワールドアベニュー留学相談体験レポート

オーストラリアのコスメで綺麗になろう!人気の高級ブランドから、自然派、コスパ派までオススメを紹介!

水田 真梨
この記事は私が書きました。

水田 真梨

一覧はこちら
水田 真梨
私が書きました。

水田 真梨

水田 真梨
この記事は私が書きました。

水田 真梨

一覧はこちら
コスメアイキャッチ
オーストラリア留学 News

様々な人種が共に暮らすオーストラリアは良質な基礎化粧品の種類も豊富で、選ぶのに迷ってしまうほど。ファーマシー(ドラッグストア)や専門店に行けば、日本で見慣れたメーカーの製品から、オーガニック大国らしいナチュラル系まで、たくさんのコスメが並んでいます。その中からオススメの製品と、オーストラリアの気候に合わせたスキンケアの注意点をご紹介します!

kv

普段使いのコスメならまずはファーマシー!

日本だと化粧水や乳液などの基礎化粧品をどこで買いますか?最も一般的なのがドラッグストアだと思いますが、オーストラリアではファーマシー(Phermacy)と呼びます。日本のドラッグストアと同じく、ファーマシーも基礎化粧品の他、メイク用品などのコスメ全般、シャンプーやお風呂用品、サプリメントや一般的な薬などを扱っています。ちなみに、病院の処方箋を受け付けるカウンターのある調剤薬局はケミスト(Chemist)と呼び、日本のドラッグストアが調剤薬局を兼ねていることが多いように、ファーマシーにケミストの機能があるところも多いです。

コスメ1ピンクの看板が目印のプライスライン(Priceline)は、オーストラリアの大手ファーマシー。ほとんどの街に支店を持ち、日本人もなじみのあるニベアの日焼け止めやパンテーンなどのシャンプー、ダヴのボディソープなどの他、オーストラリアのブランドの化粧品など、豊富な品揃えが便利なお店です。路面店の他、ショッピングモールなどアクセスの良い場所に多いので、日本から持参した化粧品を使い切ったら、現地の気候に合う現地のスキンケア製品や化粧品を買いにぜひ気軽に訪れてみましょう。

手軽なナチュラル志向なら「Sukin」

コスメ2化粧水やクレンジングからシャンプーなどのヘアケア製品まで、多彩なラインアップで人気のSukin(スーキン)は、オーストラリアのコスメブランド。ローズウォーターなど植物性の素材を多く使い、香りも自然で、肌への優しさを考えて作られたスキンケア製品がオーストラリアのみならずニュージーランドやフランス、香港などでも人気を呼んでいるそうです。価格も手頃で、ほんの数ドルから手に入るとあって試してみる価値は多いにあります。日本ではまだあまり取扱店がないのでお土産にも良いかもしれませんね。

ミネラルファンデーションなら「Nude by Nature」

コスメ3化粧品の嗜好も幅広いオーストラリアでは、付け心地の軽いミネラルファンデーションも手に入りやすいです。主に天然鉱物や植物成分などの自然素材を基本とし、石油由来の原料や保存料など肌に悪い材料をほとんど使わずに作られたミネラルファンデーションは、肌への負担が少ないことから、一度使うと手放せない便利な化粧品。Nude by Nature(ヌード・バイ・ネイチャー)はオーストラリアで人気のオリジナルブランドで、パウダーやリキッドのミネラルファンデーションで有名です。クレンジングや美容オイルなども出ているので、色々試してみたくなります。メジャーなブランドなので多くのファーマシーで扱っているのがうれしいですね。

kv

美肌の王様、ローズヒップのコスメ「essano」

コスメ4アンチエイジング効果や美肌効果で人気のローズヒップ・オイルをふんだんに使った美容液やモイスチャライザー(乳液)が有名なessano(エッサーノ)は、かわいいピンクのパッケージが目を引くブランド。もともとはニュージーランドのメーカーですが、ニュージーランドと気候が近く乾燥と紫外線の強いオーストラリアでもポピュラーです。オーガニックのオイルを使い、動物実験をしないなど自然と寄り添うスタイルを実現し、肌にも環境にも優しいので心から気持ち良く使えます。高品質で価格も良心的なので、コストパフォーマンスも良さそうです。

セレブもご用達、リッチでオーガニックな「Jurlique」!

コスメ5ファーマシーでは扱っていませんが、ニコール・キッドマンやナオミ・キャンベルなどのセレブが愛用していることでも話題のJurlique(ジュリーク)。オーガニック(農薬を使わない有機栽培)の自然素材でできているだけでなく、高級感のあるテクスチャーや香りが幸せな気分にしてくれるオーストラリアン・ブランドです。ローズやラベンダーの香り高いハンドクリームはプレゼントなどにも人気があるようです。デパートや路面の店舗で気軽に商品を試すこともできますので、その肌なじみの良いリッチさをぜひ使ってみましょう。女性ならうっとりしてしまうようなリッチな使い心地と、オーストラリアの大自然の恵みを肌で感じることができるはずです。

さいごに:オーストラリアでのスキンケアのポイントは?

さて、オーストラリアで入手できる特徴的な人気コスメをいくつかピックアップしましたが、この他にもたくさんあるので、店頭のサンプルで香りや質感を試してみてくださいね。
オーストラリアは日本より湿度が低く、乾燥が激しいという気候的特徴があります。そのため、日本にいた時と同じケアをしていても肌のコンディションがいまいち…なんていう声もよく聞きます。所変わればケア方法も変わって当然、個人的には日本にいた時は化粧水をたっぷり使ったケアをしていましたが、オーストラリアに来てからは保湿効果のあるオイルをよく使うようになりました。個人差はあるでしょうが、色々試してみた結果、私の場合はそのほうが肌の潤いを保ちやすいようです。
また、UV対策も忘れてはなりません。日本より5倍以上も強い紫外線が1年を通して降り注ぐオーストラリアでは、通年の紫外線対策が必須。スプレー式で手軽に使えるものや、ナチュラルな成分で肌に負担の少ないものまで、四季を通じて自分に合ったサンスクリーン(日焼け止め)の使用が推奨されます。日焼け止めクリームだけでなく、UVカット効果のあるメイクアップベースやBBクリーム、ファンデーションなどを併用するのも良さそうです。
気候と自分のコンディションに合ったスキンケアを見つけて、オーストラリア生活を楽しんでくださいね!

オーストラリアの海外留学情報についてはこちらから
kv

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

Comments

comments

「海外留学」

のことなら何でもご相談下さい

ワールドアベニューでは、世界各国の海外留学プログラムをご紹介するだけでなく、海外教育機関と協力し、ワールドアベニュー限定プログラムを提供しています。興味をお持ちいただけた方は、まずはお気軽にご相談ください。