モデル・イラストレーター五島夕夏の      ワールドアベニュー留学相談体験レポート

【もうすぐ冬到来】体調が悪くなってしまった方のためのオーストラリアおすすめ医薬品!

Yuki
この記事は私が書きました。

Yuki

一覧はこちら
Yuki
私が書きました。

Yuki

Yuki
この記事は私が書きました。

Yuki

一覧はこちら
オーストラリア留学 News

ついこの前まで歴史的猛暑と大騒ぎになっていたオーストラリアも、気がつけば冬がすぐそばまで近づいてきているような気候。寒くなってきた上に空気も乾燥してきているため、夏に比べて風邪のウイルスが流行りやすいのが悩みどころ。私もついこの前風邪を引いてしまったのですが、治るまでになんと2週間もかかりました。。日本からはるばるこの季節にオーストラリアにやってきたばかりの人は、季節が真逆であることだけでなく、夏⇒冬の移動になるため寒さが追い討ちをかけますます体調を崩してしまいやすいのではないでしょうか。オーストラリアの寒さに備え、日本から自分が常に服用していた風邪薬や腹痛に効く薬などを準備してきた人達も少なくはないと思います。実際見知らぬ土地で体調を崩してしまった時、いったいどの薬が自分の身体に合っていてどれが即効性があるのか、ないのかなんてわかりっこないですよね。しかも、ちょっとした風邪を引いて病院にかかった時、日本では病院で風邪薬を処方してくれますが、オーストラリアでは症状が深刻ではない限り「市販されている医薬品」を処方されます。病院にせっかく行ったのにそれって・・・^^;と、私もはじめは感じてしまいましたが、これは裏を返すと、、『市販されている医薬品のなかには、お医者さんお墨つきのものがある』ということになるのでは?!
  
病気の症状を自己判断することは勿論簡単なことではなく、誤った判断をしてしまうと薬の過剰摂取などにも繋がりかねません。ただ、日本人でも安心して服用することができる、お医者さんが認可している薬を予備知識として踏まえておくだけで、お出かけ先やお医者さんにすぐにかかれない時などの“いざという時”に症状を緩和させることは可能です。今回は私が今までお医者さんに処方された医薬品を症状別にご紹介していきたいと思いますので、当てはまる症状でお困りの際や、今後のオーストラリア生活でもしもの時に際し、是非参考にしてみて下さい。

オーストラリアで役に立つ医薬品集

発熱・咳・発熱による頭痛 | Panadol

「オーストラリアの風邪薬 = Panadol」と世間で広く認識されているPanadol。お医者さんの多くが、「風邪のひき始めにはPanadolを飲んでよく寝るように。」と患者さんにアドバイスするほど、世間からもお医者さんからも信頼が厚い風邪薬。Priceline、Chemist Warehouseなど大手の薬局だけでなく、Coles、Woolworthsといった大手スーパーでも購入可能。風邪の初期症状を緩和するだけでなく、鎮痛剤としても使用されており、歯痛・生理痛を和らげる効果がある。

ひどい喉の痛み | Rafen


発熱があったり咳が出るといった症状はないけど、つばや食べ物が飲み込めない程の喉の痛みがある時に効果的。痛み止めに特化しており一般的な風邪薬よりも少し強いため、食後に服用しなければならない。

しつこい咳・たん | Duro-Tuss


しつこく続く咳やたんなどの症状がある場合におすすめなのがこの咳止めシロップ。咳の症状別に様々なシロップが市販されているので、自分の症状の度合いに合うものを選ぼう。

偏頭痛・生理痛・関節痛 | Panamax


100錠入りが$3未満という安さを誇るため、怪しいのでは?と思ってしまうような鎮痛剤。私は生まれつき酷い偏頭痛持ちであるため、オーストラリアに来て病院の先生に紹介されて以来、どこに行く時もこの薬を常備しています。

腹痛・下痢 | Buscopan

日本の正露丸のような効能を持つ薬(でも無臭!)。出先で急な腹痛やお腹を下してしまった時にこの薬があるだけで安心できるし、即効性があるので痛みがすぐに軽減される。

おわりに

最近は日本の食べ物だけでなく、生活用品から医薬品までアジア系の日用品を取り揃えるお店に行けば、オーストラリアにいながら簡単に手に入れることができるようになりました。それでも値段は3倍も4倍もするためなかなか手が出にくいのが正直なところ。今回はオーストラリアで販売されているローカルの医薬品の中でも日本人が安心して服用できるものはあるということをお伝えしたく、そして私がこれまで実際に服用しきちんと効果があったものをピックアップしました。ただし、薬の効能は使用量などは個人差があり、アレルギーや過去に薬を服用した際にアレルギー反応が合った方などは絶対に自己判断をせずに現地の医師に薬を処方してもらいましょう。また、今回紹介した薬の中には現地の病院で処方されるものもありますが、市販薬は基本的に完治ではなく、症状の緩和を目的としているものが多いので2、3日服用しても症状の緩和が見込めない場合は必ず病院の医師に相談をしましょう。

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

facebook シェア
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments

comments

「海外留学」

のことなら何でもご相談下さい

ワールドアベニューでは、世界各国の海外留学プログラムをご紹介するだけでなく、海外教育機関と協力し、ワールドアベニュー限定プログラムを提供しています。興味をお持ちいただけた方は、まずはお気軽にご相談ください。