モデル・イラストレーター五島夕夏の      ワールドアベニュー留学相談体験レポート
留学
大学生向け留学情報

「留学に行きたい!」そう思ったときに、まず立ちはだかる壁は親御さんを説得すること。

留学には莫大なお金がかかる上、時には危険が伴うこともあります。現地での生活以上に親御さんの説得に骨が折れることもあるかもしれません。でも、自分が留学に行きたい理由を掘り下げておくのはとっても大切なことです。

そこで今回は、留学に行く前に考えておきたい7つのことをご紹介します!

 

留学に行きたいと思ったら考えたい7つのこと

1.留学までにどんな準備が必要か

計画

留学に行きたいと思ったら、まずは留学までにどんな準備が必要か調べてみましょう! 住居の手配やややこしい手続きなどは留学会社に任せて手間を省くこともできますが、留学先によってはTOEFLやTOEICのスコアも必要です。

勉強する時間や、場合によってはスクールに通う必要もあったりと、逆算してこそ見えてくるTodoがたくさんあるので、一度リストアップしてみることをオススメします。スケジュール感などが掴め、留学を現実的に捉えることができますよ。

 

2.いくらお金がかかるか

次に考えたいのは、いくらお金がかかるかということ。一般的に、アメリカの4年制大学では授業料だけで平均US$27,000(年間)、短期の語学留学でも、生活費全て含め、$4,000(1か月)かかるなど、気軽に行ける値段ではないことがわかります。

家庭の事情にもよりますが、これほどの大金を集めるのは大変ですよね。親にお願いしてみても難しい場合は、バイトをして貯める、奨学金に応募する、などの努力や工夫も必要です。

▼主な奨学金制度

トビタテ! 留学JAPAN(文部科学省)
http://www.tobitate.mext.go.jp/

JASSO(日本学生支援機構)
http://ryugaku.jasso.go.jp/scholarship/

 

3.行く国・地域の治安はどうか

Beautiful woman with candle in medieval dress on the foggy road

治安の問題も親御さんに留学の許可を渋らせる理由の1つ。行く国によっては、スリや窃盗よりも重大な犯罪に巻き込まれる可能性もあります。

何かが起こってからでは遅いので、治安を事前に外務省のホームページで調べてみましょう。国の公的機関が出している情報であれば、親御さんを少しは安心させられるかもしれません。ただし、国レベルでは安心でも、エリアによっては治安が悪いということも多々あります。可能であれば、その地域への留学経験者や住民とコンタクトをとり、情報収集をしてみても良いかもしれませんね。

▼参考

外務省海外安全ホームページ
http://www.anzen.mofa.go.jp/

 

4.将来のキャリアにどう繋がるか

留学が研究や就職など、将来のキャリアに繋がるのかということも考えておきたいポイントの1つです。

留学はその人の価値観を変えたり、あるいは視野を広げたりしてくれるもの。必ずしも直接的に将来に結びつかなければいけないというわけではありません。とは言え、将来に何かしらの形で結びついているほうが、親御さんを説得しやすいというだけでなく、現地に行ってからのモチベーションが維持できます。

同じお金と時間をかけて行くのであれば、より実りのある留学になったほうが良いはず。今一度、自分の留学は将来にどんな形で繋がっていくのかということを考えてみましょう!

 

5.目標はあるか

Defocused blur of Times Square in New York City with lights at night and taxi cab

「将来に繋がるか」ということほど大げさなものでなくてもいいので、目標を立ててみると、より充実した留学を送ることができます。

その際、「TOEICで○○点を取る」、「英検1級を取る」といった数値で表せるような、わかりやすい指標を目標として設定するのがポイント。ゴールがより明確になり、結果を出しやすくなるのでオススメです。

 

6.目標を達成するための計画を立てられているか

目標を設定したら、それを達成するための長期的なプランを考えてみましょう。留学先ではハプニングが起きるのは日常茶飯事なため、きちんとした計画を立てていないと、目標への意識が薄くなってしまう可能性があります。

ちなみにプランの立て方に関しては、状況の変化にフレキシブルに対応できるよう、数か月単位での目標を立ててから、そこから逆算してやるべきことを洗い出していくやり方がオススメですよ!

 

7.どうしても留学でなければならない理由は何か

今までの6つのことについて考えていくうちに、「思っていたよりも大変だな」と思うことや、「他の方法でも良いかもしれない」と気づく場合もあります。しかし、これだけ考え抜いた上でも、「やっぱり留学がしたい」と思える理由があれば、それほど強い説得材料はありません。

「単に行きたい!」に留まらない何かがあるならば、自分の中にある「どうしても留学でなければならない理由」を見つけ出してほしいと思います。

 

おわりに

toast with coktails glasses

家庭の事情がそれぞれあるので、親御さんからのOKが出るかは何とも言えませんが、これだけ考え抜いても留学への思いが揺るがなかったなら、少なくとも、あなたのその気持ちは本物。

充実した留学生活ができることは間違いないので、自信を持って親御さんと話し合ってみてくださいね!

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

Comments

comments

「海外留学」

のことなら何でもご相談下さい

ワールドアベニューでは、世界各国の海外留学プログラムをご紹介するだけでなく、海外教育機関と協力し、ワールドアベニュー限定プログラムを提供しています。興味をお持ちいただけた方は、まずはお気軽にご相談ください。