モデル・イラストレーター五島夕夏の      ワールドアベニュー留学相談体験レポート
アメリカ画像
留学制度

アメリカの学生ビザを申請して渡航する際は、必ずアメリカ大使館申しくは領事館にて面接を受ける必要があります。面接場所は限られており、どこでも受けることが出来るわけではありません。
遠方にお住まいの方は最寄の大使館、領事館へ移動をして頂く必要があります。

面接場所

現在学生ビザ申請に必要な面接を受けられる大使館、領事館は、東京、大阪、福岡、沖縄、札幌の5箇所になります。 福岡、札幌での面接をご希望の方は、あらかじめ面接前に必要な書類を郵送しておく必要があります。 東京、大阪、沖縄面接をご希望の方は、面接当日に必要な書類をすべて持参します。

面接時はあまり余計なものは持っていかない!

アメリカ大使館、領事館での面接の際は事前に予約が必要です。あらかじめ時間を予約しておいたとしても、入管前にセキュリティーチェックを受ける必要があり、セキュリティーチェック前に並ぶ事になります。申請が多い時期では、最長で1時間、2時間程並ぶこともありますので、時間には余裕を持って行動しましょう!また、荷物はすべてセキュリティでチェックをされますので、ビザ申請に必要なもの以外は持参しないことをおススメします。持参物が多いと、チェック時に時間がかかってしまい、他に並んでいる方の迷惑にもなりますし、何より当日の申請時間が長くかかってしまいます。 

アメリカ大使館での面接の際に質問されることは?

面接と聞くと固くとらわれがちですが、面接受付場所で基本2、3質問がある程度で終了致します。担当官にもよりますが、日本語で質問されそのまま終了することもありますので、英語が不安な方でも問題ありません。比較的多く質問される内容として、「どのくらい滞在するのか」「いつから渡航するのか」「アメリカのどこ行くのか」等になります。

ワールドアベニューでは、アメリカ学生ビザ申請のサポートも行っております。 
申請にあたりご不明な点がありましたら、ご遠慮なくご連絡下さいませ。

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

Comments

comments

「海外留学」

のことなら何でもご相談下さい

ワールドアベニューでは、世界各国の海外留学プログラムをご紹介するだけでなく、海外教育機関と協力し、ワールドアベニュー限定プログラムを提供しています。興味をお持ちいただけた方は、まずはお気軽にご相談ください。