モデル・イラストレーター五島夕夏の      ワールドアベニュー留学相談体験レポート
アメリカスーパーマーケット
アメリカ留学 News

渡航先を決める際に、よく頂く質問が、「物価は高いですか?」というもの。都市に依って異なりますが、実は世界で最も生活コストが高いと言われているのは、東京なのです。実際その土地に住んでいるとわからないものですが、いざ渡航するとなると気になりますよね。経済面が不調なアメリカの物価は高いと言われていますが、本当にそうでしょうか。

アメリカ一物価の高い場所

アメリカで生活をするのに最も高い都市は、ニューヨークのマンハッタンです(The Council for Community and Economic Research調べ)。家賃、外食代などから総合的に判断した結果となっています。では、ランキングを見てみましょう。

1. New York (Manhattan), NY
2. New York (Brooklyn), NY
3. Honolulu, HI
4. San Francisco, CA
5. New York (Queens), NY
6. San Jose, CA
7. Hilo, HI
8. Stanford, CT
9. Orange County, CA
10. Washington, DC

もちろん州によって税率が異なったり、家賃を抑えたり、安く抑える方法はありますので、あくまでもランキングとなりますが、留学先として人気の都市は生活費も高めだということを少し視野に入れたほうが良いかもしれません。
原因や理由は様々だと思いますが、特にニューヨークやサンフランシスコ周辺は、ビジネス分野でとても発展している街なので、次第に物価が上がっていったのだと分析出来ます。

気になる生活用品の物価は?

アメリカの大型スーパー、Wal-mart(ウォルマート)のwebサイトから相場を引き出し、日本の物と比べてみました。
板チョコレート アメリカ:約250円 日本:約100円
粉コーヒー アメリカ:約600円 日本:約600円
バスタオル アメリカ:約350円 日本:約600円
トイレットペーパー アメリカ:24ロール約1200円 日本:12ロール約300円
ルームシェア アメリカ:約7〜8万円/月(西海岸の場合。場所により大きく変動する可能性がございます) 日本:5〜7万円/月

一ヶ月にかかる生活費は、12万〜15万くらいを考えておくと安心だと思います。これは、日本で生活するのとそう大差はないように思います。
では、アメリカでの生活の大半を占めると言っても過言ではない食料品。どうすれば「多数・多量」という特徴を活かした買い物が出来るのでしょうか。

アメリカで賢くお買い物

アメリカでのお買い物のコツは、消耗品は内容量が多いものを買うことです。
例えばトイレットペーパー、キッチンペーパー、水(ペットボトル28本入りの物が7ドルくらいで売られています)などです。

一方、賞味期限のある食料品でも大きいサイズしか売られていません。牛乳は日本の約2〜2.5倍の大きさですし、食パンも、一斤の長さが長く、薄く多くカットされているので、一人だと消費するのに苦労するかもしれません。
また、buy 1 get 1 50% off の様な魔法の言葉を見つけたら、本当に必要かどうかを自分に問いかけた上で飛びつくと良いかと思います。私は、よくその魔法にかかり、たくさんのクッキーを買い込んで痛い目を見ていました。上手に買い物をしましょう!

アメリカ人は、基本的に1週間分の買い物をまとめて行う傾向が有ります。そのため、一つの物に対する量や大きさが日本の物よりも断然大きい(多い)のですが、家まで持って帰るのにも一苦労。最寄りのスーパーに通うか、車を出してくれる人と一緒に買い出しに行くことをお勧めします。

アメリカ全土にある、有名なスーパーマーケットがこちらです。
Wal-mart
食料品、家電、家具、生活用品、美容品、おもちゃ、洋服など何でも取り揃える大型スーパー。

Target
Wal-martと同じく、何でも取り扱う大型スーパー。

Whole foods
オーガニック食品や、異国食品、輸入食品などを多く取り揃えるスーパーマーケット。

Costco
日本にも店舗を持つスーパー。会員制となっているため、カードを持っている友達を探す必要があります。一つあたりの量・数が多く、シェア向きの商品が数多くあります。

Trader Joe’s
オーガニック食品を中心に取り揃えたスーパー。エコバッグはその土地の絵柄が書いてあり、口コミで広がったお土産の内の一つ。

ワールドアベニューでカウンセリングを受けられるお客様もニューヨークをご希望されている方がたくさんいらっしゃいます。その生活費の高さからマンハッタンでの生活は難しくても少し郊外に場所を移すのも一つのアイデアとしてあるかと思います。
ただ、高いイメージがあるとはいえ、実は日本とはあまり物価の変わらないアメリカ。そんなアメリカへの留学をご希望の方はワールドアベニューまでお問い合わせ下さい。

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

Comments

comments

「海外留学」

のことなら何でもご相談下さい

ワールドアベニューでは、世界各国の海外留学プログラムをご紹介するだけでなく、海外教育機関と協力し、ワールドアベニュー限定プログラムを提供しています。興味をお持ちいただけた方は、まずはお気軽にご相談ください。