モデル・イラストレーター五島夕夏の      ワールドアベニュー留学相談体験レポート
アイキャッチ
大学生向け留学情報

ハロウィンの季節が到来ですね!!欧米文化の一つであるハロウィンですが、近年では海外で日本のハロウィンのイベントが話題にのぼるほど、本格化し且つ浸透してきました。ハロウィンパーティーといえば、「仮装」!衣装やメイクを駆使して、本格的なハロウィンパーティーを楽しめるように、今回は、ディズニー×外国人風メイクをご紹介します。

チャレンジした外国人は、誰もが知っている2大女優!
★ エマ・ワトソン
★ アンジェリーナ・ジョリー

エマ・ワトソン 美女と野獣(?)メイク

画像1「世界で最も美しい顔100人」の1位に輝いたこともあるエマ・ワトソンは、2017年公開予定の実写版「美女と野獣」のベル役に抜擢されていることでも有名ですよね。アシンメトリーな眉毛と、左口角が微妙にあがる表情に注目です。

まずは当社の自称、エマ・ワトソン似の留学カウンセラー 長谷川のすっぴんを用意します。
もともと演劇関係などで働いていたことのある長谷川は、表情がとっても豊か。エマ・ワトソン独特の左口角が微妙にあがる表情にも注目してください。

すっぴん
画像3

正面から見て右がわの眉山と眉頭がやや上がり気味のエマ・ワトソン。注意しながら眉の形をつくっていきます。
画像4

じゃん!
画像5

眉ができたらアイホールにシャドウをのせていきます。眉山の下にもハイライトが入るようにやや広めにいれていきます。
画像6

次に、ライトブラウン→ブラウンの順番でシャドウをのせます。
目を開いたときアイホールからはみ出さないように、二重のラインにのせていきます。
画像7

エマ・ワトソンの切れ長のキレイな目を再現できるよう、目尻のラインはやや上げ気味に、長めに引きます。
画像8

アイラインもやや長めにいれていきましょう。
画像11

アイメイクの仕上げはマスカラ。しっかりとカールさせてから長いまつげをしっかりと作っていきましょう。
画像12

人にマスカラされるのって怖いですよね。。。笑
画像13

さて、次は・・・外国人風メイクを行う上で、絶対に抜けてはならないノーズシャドウ。
眉頭から鼻根にかけてラメの入っていないアイシャドウのブラウンを用いて、影を作ります。やり過ぎるとマイケル・ジャクソンのようになってしまうので、注意してください!
画像9

入れたシャドウをファンデーションでぼかし、いい感じに仕上げていきます。
画像10

残りはチークとリップです。

エマ・ワトソンはよく三角形にチークを入れているので、今回はそれにならってみましょう!
画像14

仕上げはリップ。
真っ赤なリップがよく似合うエマ・ワトソン。ワイドで少し薄めの唇を意識して、リップラインより少し薄めに作っていきます。
画像15

完成!!どうでしょう?似てますよね!!
画像16

アンジェリーナ・ジョリー マレフィセントメイク

画像2「眠れる森の美女」リメイクとして大ヒットした「マレフィセント」の魔女役で、高いレベルでのメイクの仕上がりに注目の集まったアンジェリーナ・ジョリー マレフィセントメイク。パープルのシャドウはもちろん、シャープさを意識させるチークと真っ赤なリップが特徴的。

マレフィセント・・・マレフィセント・・・といえば・・・先輩!協力してください!と、捕まえたのは、ワールドアベニューのキャリアカウンセラー 寺田。まずは、すっぴんになっていただきます。笑

本格的に顔全体を真っ白にしようかとも考えたのですが、大切な先輩が帰宅時警察に職務質問を受けては困ると思い、ベースは肌色でメイキャップさせていただきました。

ここに紫色をのせていきます。
画像A

まずは眉から。はっきりとした角度でくっきり濃い目に作っていきます。
画像B

眉ができたら、マレフィセントメイクで最大の特徴とも言えるアイメイクへ・・・
グリーンとパープルをメインとしたアイメイクですが、今回は真紫の色が残念ながら手に入らず、絵の具の要領で、青と赤を混ぜながら色を出していきました。お手持ちの化粧水などを利用し混ぜていくと、ヌーディーな感じもでるのでおすすめです。

ハイライトをアイホール全体にいれ、その上に青から入れていきます。
画像C

次に赤をのせていきます
画像D

キレイに色をのせたら、次はアイラインです。アンジェリーナ・ジョリーのあの目を再現すべく、かなり思い切りアイラインを入れます。
通常のアイラインの1.5倍くらいの長さ感で入れるといいでしょう。
画像E

次に、下瞼に緑を入れていきます。
目線を上にむけると、キレイに色をいれることができます。
なんだかもはや呪われそうな感じになってきましたね(笑)
画像F

アイラインをかなりべったり入れたため、マスカラの前に、他を仕上げてしまいましょう!
完成に近づいてきました!!
画像G

マレフィセントメイクといえば、シャープな頬骨が特徴的ですよね。
チークやラメの入っていないアイシャドウ、ちょっとワントーン色を落としたファンデーションなどで、影を作っていきましょう。
頬骨にそって影をつくります。本物のマレフィセントはかなりシャープな印象ですので、負けじと寺田の頬をこけさせていきます。
画像H

まだアイラインが乾かないので先にリップをつけていきましょう。
アンジェリーナ・ジョリーといえば!あのぽってりとなんともセクシーな唇ですよね。エマ・ワトソンの時とは逆にリップラインはオーバーラインで作っていきます。色はやはり真っ赤な感じのものを選ぶといいでしょう。
画像I

なんだか、むだに疲れて見えます・・・笑
画像J

最後にマスカラをつけ、下瞼にもアイラインを入れていきます。
さらに強い目の印象にしたい方は、マスカラではなくつけまつ毛などで試してみるのもよいと思います。
画像K

完成です!
完成

さいごに。

ディズニー×外国人風メイクはいかがでしたでしょうか。
ハロウィンのようなイベントには、日本で暮らす多くの外国人の方々も多く参加するので、普段なかなかめぐりあえない英語を使うチャンスが満載です。せっかく参加するのであれば、メイクだけではなく衣装や髪型なども本格的に購入して、本番に挑みたいですね!ぜひ参考にしてみてください。

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

いますぐもらえる!無料留学情報カタログ

Comments

comments

「海外留学」

のことなら何でもご相談下さい

ワールドアベニューでは、世界各国の海外留学プログラムをご紹介するだけでなく、海外教育機関と協力し、ワールドアベニュー限定プログラムを提供しています。興味をお持ちいただけた方は、まずはお気軽にご相談ください。